2295.今日の植物(1787):トチカガミ

 今日の植物は、トチカガミという植物です。

 トチカガミは、トチカガミ科 Hydrocharis属(トチカガミ属)の植物で、3種ほどが確認されているということです。分類されている種は少ないのですが、ヨーロッパからアジアにひろく分布していて、一部はアフリカや北米の一部にも帰化しているという情報がありました。湖沼や川に生えて葉を水に浮かせている植物です。

 日本には、トチカガミ(Hydrocharis dubia)という種が分布しているということですが、有史以前に大陸から伝わってきたものだということです。ただ生育環境が狭まり個体を減らしているようです。

 名前を漢字で書くと、「鼈鏡」、この「鼈」は亀のスッポンのことで、光沢のある丸い葉をスッポンの甲羅に見立てたのだそうです。
 ついでに、属名のHydrocharisはギリシャ語由来で、hydro(水)+charis(喜び)だそうで、水辺に生えるところからこの名前になったのでしょう。

 写真です。久し振りに手元に写真がありました。ですが、花がないという愛想なしですので、花の写真はウイキペディアから借りておきます。

ヒドロカリス・モルススラナエ Hydrocharis morsus-ranae

    Hydrocharis[1]

トチカガミ Hydrocharis dubia

     IMGP1529.jpg     Hydrocharis_dubia[1]
   撮影:2003年11月29日
   鳥羽市「鳥羽水族館」

 ●なぜか、海辺の水族館の入り口に水生植物が栽培されていました。妙な取り合わせだなあ・・・と感じたことを思い出しました。

 切手です。

ヒドロカリス・モルススラナエ Hydrocharis morsus-ranae

    stslo0602.jpg
 2007年 スロベニア発行 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR