2298.今日の植物(1790):ゲンリセア

 今日の植物は、ゲンリセアという植物です。

 ゲンリセアは、タヌキモ科 Genlisea属(ゲンリセア属)のいわゆる食虫植物です。The Plant Listでは21種、ウイキペディアでは30種余り(日本語版では32種とされていました)があるとされています。熱帯アメリカとアフリカに分布しているようで、日本に自生するものはなかったということですが、近年持ち込まれて栽培されるものもあるということです。

 この食虫植物の*が面白いのは、その補虫の方法です。
 *が小さな生き物を捕らえるのは水中あるいは土中に伸びた先端がY字状になった細い管です。その管の側面に小さな穴があって、この穴から入り込んだ生き物は管がらせん状になっていて内部に繊毛があるところから、元に戻れずにだんだんと上部に取り込まれ、最後に膨らんだ部分に追い込まれてそこで消化液によって消化、吸収されるのだそうです。
 英語でeel trap(ウナギ籠)と呼ばれる、他の食虫直物には見られない珍しい補虫方式だということです。

 写真です。ウイキペディアおよびネットから借りています。

(左)ゲンリセア・ピグメア Genlisea pygmaea
(右)ゲンリセア・マルガレテ Genlisea margaretae

    Genlisea_pygmaea[1]     Genlisea_Margaretae.jpg

ゲンリセア・ビオラケア Genlisea violacea

    Genlisea_violacea.jpg
 ●これが小生物を捉える捕虫器です。

 切手です。この2枚は最近入手したのものです。

(左)ゲンリセア・ピグメア Genlisea pygmaea
(右)ゲンリセア・マルガレテ Genlisea margaretae

     stcar0102.jpg         stpal0502.jpg
カリアク島・プティトマルティニク島発行   2012年 パラオ発行
   (カリブ海の食虫植物)          (食虫植物)
 ●左のカリアク島・プティトマルティニク島の切手は今回初めて入手しました。カリブ海にグレナダという国がありますが、そのグレナダの属領区ということになっていて、独自に切手を発行しているようです。
 ●この切手には2種類の食虫植物が描かれています。左のはサラセニア属Sarracenia flava(キバナヘイシソウ)です。
  一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑
 ●ついでにパラオの方はこちらです。⇒切手植物図鑑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR