2306.危ない植物(17):クリプトステギア

 今日取り上げることにしたクリプトステギアに関する情報を読んでいて、「危ない植物」というカテゴリーを作ったことを思い出して、久し振りの「危ない植物」です。

 クリプトステギアは、キョウチクトウ科 Cryptostegia属(クリプトステギア属)の植物で、2種ほどが確認されているという極めて小さな植物群です。
 Cryptostegiaは、もともとは熱帯アフリカおよびマダガスカルを原産地する植物です。この植物は傷つけられると乳白色の樹脂を分泌するのだそうですが、この樹脂が家畜にとっては猛毒で、これを摂取すると一瞬にして死に至るということです。
 日本でもよく目にするキョウチクトウも毒を持っており、なおかつ空気の汚染された場所でも繁茂するという特性を持っているように、キョウチクトウ科の植物は一筋縄ではいかない植物群のようです。

 Cryptostegiaも繁殖力が旺盛で、地域によっては繁茂した結果現地の植生を乱すという害を与えるという有害植物でもあります。
 切手に描かれているCryptostegia grandiflora種は、ツタ状にそこにある樹木に絡みついて登っていきその樹木を枯らしてしまうという力を持っているということで、Cryptostegia grandifloraが侵入しているオーストラリアでは経済や環境へ与える影響から「最悪の侵略的な植物」とされているという情報がありました。

 写真です。2つの種の写真を借りてきました。怪しげな魅力を持った花です。

(左)クリプトステギア・グランディフロラ Cryptostegia grandiflora
(右)クリプトステギア・マダガスカリエンシス Cryptostegia madagascariensis

    Cryptostegia_grandiflora[1]     Cryptostegia_madagascariensis[1]

 切手です。

クリプトステギア・グランディフロラ Cryptostegia grandiflora

    stsvn1308.jpg
1996年 セントヴィンセント発行(カリブ海の花) 
 ●「カリブ海の花」として取り上げられているということは、まだその凶暴性が表面化していないということかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR