2313.今日の植物(1803):アムヘルスティア

 今日の植物は、アムヘルスティアという植物です。

 アムヘルスティアは、マメ科 Amherstia 属(アムヘルスティア属)の植物で、切手に描かれているAmherstia nobilis種の1種だけが確認されているという1属1種の植物です。
 Amherstia nobilisは大きな派手な花を咲かす植物で、装飾用に盛んに栽培されている植物だということです。ただ、野生状態で見つかることは極めて稀なんだそうです。英語名をPride of Burma(ビルマの誇り)とされているように、ビルマ原産の植物です。

 属名のAmherstia は、Lady Amherstと彼女の娘Sarah Amherstに因んで命名された、とこれはウイキペディアの情報です。もう少し調べてみたところでは、Lady AmherstはWilliam Amherstという19世紀前半にインドの総督を勤めた人の奥さんのことのようです。
 鳥類にも彼女に因んで命名されたものがあって、Lady Amherst's pheasant(アムヘルスト夫人の雉)というのだそうです。

 写真です。確かに派手な印象の花です。

ヨウラクボク Amherstia nobilis

    amherstiabig[1]     Amherstia_nobilis.jpg

 ついでに雉の写真です。こちらも派手な鳥です。Lady Amherstの好みだったのでしょうか?彼女がアジアから英国に持ち込んだのだそうです。

    Amhersr Phaesant

 切手です。

ヨウラクボク Amherstia nobilis

    stsvn1302.jpg         stgre1404.jpg
1996年 セントヴィンセント発行  1988年 グレナダ発行
     (カリブの花)
 ●和名のヨウラクは「瓔珞」(仏像の装飾の一種)のことだと思われます。
 ●上記のようにビルマ原産の植物なのですが、切手がカリブ海の国から発行されている理由はよく分かりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR