2353.今日の植物(1842):ケープフクシア

 今日の植物は、ケープフクシアという植物です。

 ケープフクシアは、ゴマノハグサ科 Phygelius属(ケープフクシア属)の植物で、2種が確認されているという小さな属です。

 アフリカ南部の川岸などに分布しているということで、白、黄色あるいは赤色の花を夏季に長く咲かせる植物のようです。花の形がアカバナ科のフクシアに似ている所からCape fuchsiaと呼ばれているということですが、分類上は全く別の植物です。

 ついでに、このCapeというのは喜望峰(ケープ地方)のことで、後で出てくる種小名のcapensisも「喜望峰の」という意味です。

 確認されている2種の写真です。ネットから借用しています。

(左)ケープフクシア Phygelius capensis
(右)フィゲリウス・エクアリス Phygelius aequalis

    Phygelius_capensis.jpg     phygelius_aequalis.jpg

 切手です。

ケープフクシア Phygelius capensis

    stlst0602.jpg       stlst0511.jpg
    1987年発行      1997年発行
 いずれもレソトという国から発行されています。レソトはアフリカ南部の国で、南アフリカ共和国に周囲を囲まれた立憲君主国です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR