2380.今日の植物(1868):ランテリウム

 今日の植物は、ランテリウムという植物です。3日続けての日替わり植物図鑑となりました。

 ランテリウムは、キク科 Rhanterium属(ランテリウム属)の植物で、3つの種が知られているようです。
 ウイキペディアによりますと、いずれも中東からアフリカ北部の砂漠地帯に分布する植物のようです。

 ウイキペディアには切手に描かれているRhanterium epapposum種について詳しい情報がありました。
 それによりますと、この種はサウジアラビアやクウェートの砂漠地帯を原産地とする植物で、小さな葉が絡み合ったようにして広がっていくのだそうです。
 砂漠の厳しい環境に適応するように、乾燥した時期には葉を落とし乾燥に耐え、雨が降るとその後に葉を成長させ、花をつけて昆虫を集めて受粉するというような行動をとるのだそうです。
 また、このRhanterium epapposumはクウェートの国花でもあります。

 写真です。ウイキペディアから借りています。

ランテリウム・エパポスム Rhanterium epapposum

    Rhanterium epapposum1     Rhanterium epapposum 

 切手です。5回続けてサウジアラビアから発行された同じセットの切手です。このセットで発行された切手の中に、これまで登場していなかった植物(属)が5つもあったのです。

ランテリウム・エパポスム Rhanterium epapposum

    stsau0118.jpg
1990年 サウジアラビア発行(砂漠の花)
 ●このセットでは21種の切手が発行されました。そのうち3種はキク科の植物を描いた切手で、科としては最も多いのです。キク科の植物は多様に進化を遂げて、地球上の様々な環境に適応し、砂漠の厳しい環境にも対応できるようになったということなのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR