2386.今日の植物(1874):オランダビユ

 今日の植物は、オランダビユという植物です。

 オランダビユは、マメ科 Psoralea属(オランダビユ属)の植物で、The Plant Listによれば105種を擁する属だということです。ウイキペディアの情報では、Psoralea属の植物のほとんどのものは有毒なのですが、中には食用になる種もあるということです。
 また、ダイズのようにマメ科の植物の多くはイソフラボンという物質を含むのですが、Psoralea属の植物は特に多く含まれるという情報がありました。
 切手に描かれている、Psoralea pinnata種は南アフリカ原産の植物なのですが、オーストラリア南部やニュージーランドに帰化し繁茂するようになっているという情報もありました。

 写真です。ウイキペディアから借りてきました。種小名がpinnata(羽状の)とあるように、細く切れ込んだ葉が特徴で、葉だけ見るとマメ科の植物とは思えない外観です。同じ属には羽状になって風に吹かれて転がっていくような種もあるということです。

プソレア・ピンナタ Psoralea pinnata

     Psoralea_pinnata_1[1]

 切手です。

プソレア・ピンナタ Psoralea pinnata

    stshl0502.jpg
1994年 英領セントヘレナ発行
 ●セントヘレナは、南大西洋、アフリカの西方にある島ですので、この植物が帰化しているのかもしれません。
  一緒に発行された切手はこちらです⇒切手植物図鑑 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR