FC2ブログ

2412.今日の植物(1900):ドリオバラノプス

 今日の植物は、ドリオバラノプスという植物です。

 ドリオバラノプスは、フタバガキ科 Dryobalanops属(ドリオバラノプス属)の植物で、The Plant Listには亜種も含めて8つの種があげてありましたので、小さな種ということになります。

 ウイキペディアの情報では、この属の植物はマレーシア西部の熱帯林にのみ分布する樹木だそうです。その地域では最も優勢な樹木で、樹高は80メートルにもなるといいますから、これは高木です。
 その材は重くて強度があるもので、建築用材として重要なものだということです。

 このDryobalanops属を含めてフタバガキ科の樹木は、成長する過程でCrown shynessという現象を起こすことで知られているのだそうです。木が成長するときに、お互いに触れあわないように「遠慮しながら」成長し、その結果地上から見ると葉の間に運河ができたような隙間が生じるのだそうです。こんな現象については初めて知りました。

 写真です。右がCrown shyness現象の写真です。いずれもネットから借りてきました。

ドリオバラノプス・スマトレンシス Dryobalanops aromatica(=D. sumatrensis)

    Dryobalanops sumatrensis2     Dryobalanops sumatrensis

 切手です。今回も前回に続いてマレーシアから発行された切手です。

ドリオバラノプス・スマトレンシス Dryobalanops aromatica(=D. sumatrensis)

    stmly3412.jpg     stmly3402.jpg
この2枚は、2000年 マレーシア発行(第21回IUFRO世界会議)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR