FC2ブログ

226.音楽の植物(11):コブシ

 本日の誕生花はコブシです。
 コブシは、モクレン科 Magnolia属(モクレン属)の植物ですから、既に登場した、タイサンボクモクレンと同じ属ということになります。北海道から本州、九州に分布していて、高い木にたくさんの白い花を咲かせ、やってくる春を告げる植物です。

 コブシという名称は、その果実の形が「拳」に似ていることから来ていると言われています。

 音楽でコブシというとこの唄をどうしても思い出します。ちょうどコブシの花が咲くころを思い出させる唄だと思います。
 「北国の春」(千 昌夫)
  http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=1483
 この唄の歌詞を改めて読んでみて分かったのですが、随分沢山の植物の名前が出てくるのですね。
 出だしが「白樺」ですから、コブシが中心ではないのですが、なんとなくコブシというとこの唄というつながりが私の中ではあります。不思議なもんです。

 で、コブシの仲間の写真です。高い木にたくさんの花が咲いている、「これがコブシだ」という写真がありませんでした。
 今年の春には撮影してきます。

コブシ Magnolia kobus 
 ●種小名の「kobus」はまさにコブシです。 

    226IMGP0413XX.jpg         226IMGP3924.jpg
    撮影:2004年3月25日       撮影2004年9月23日
    『甲子園口植物園』    京都府精華町「京都フラワーセンター」
 ●2枚目が果実です。


シデコブシ Magnolia stellata
 
●「シデ」は、「四手」と書いて、神主さんがお祓いの際に振る紙製の道具、横綱の化粧まわしに下げられているものです。写真がなくて申し訳ありませんが、次のベニコブシの花と同じ形です。

    226IMGP2949.jpg   
撮影:2003年8月3日 大阪市「都市緑化植物園」

ベニコブシ Magnolia stellata var. keiskei

    226IMGP0717XX.jpg
撮影:2004年4月3日 京都市左京区「銀閣寺道」

(以下写真3枚と記事は、2011年4月18日追加分です)

タムシバ Magnolia salicifolia 

     P1020386.jpg    P1020387.jpg
撮影:2011年4月17日 「六甲山(魚屋道)」

    P1020320.jpg
撮影:2011年4月17日 「六甲高山植物園」
 ●タムシバというコブシによく似た植物がありました。ウイキペディアによるとコブシの花の下には葉が1枚ついているが、タムシバにはこれがないので見分けられると書いてありましたが、実際に確認できていません。
 3月、まだ冬枯れ状態の山を白く彩る花です。六甲山の最高峰から有馬に降りる途中にこの花をたくさん見かけます。
 六甲山にはコブシは自生していないそうで、ややこしいことに有馬あたりでコブシと呼んでいるのは実はこのタムシバなのだそうです。

コブシの仲間の切手です。

コブシ Magnolia kobus

    stjpn1001.jpg        stjpn2308.jpg 
   2004年 日本発行      2003年 日本発行
 (ふるさと切手「東京都」)    (日本郵政公社設立)

    stpol0403.jpg
      1972年 ポーランド発行

キタコブシ Magnolia kobus var. borealis

    stjpn7905.jpg
2009年 日本発行(国土緑化「福井県」)

タムシバ Magnolia salicifolia  

    *stjpn24702.jpg
2014年 日本発行(国土緑化「新潟県」) 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR