2432.今日の植物(1919):ムカゴサイシン

 今日の植物は、ムカゴサイシンという植物です。

 ムカゴサイシンは、ラン科 Nervilia属(ムカゴサイシン属)の植物で、The Plant Listによれば、68の種が確認されているということですので、かなり大きな属だということになりそうです。
 ウイキペディアで見てみますと、この植物群はサハラ砂漠以南のほとんどの地域、サウジアラビア、インド、中国、日本、インドシナ、インドネシアからオーストラリア、太平洋の島嶼地域という広い範囲に分布しているようです。

 日本では、ムカゴサイシン(Nervilia nipponica)という種が栃木県以南の本州、四国、九州、琉球列島に分布しているということです。高さは10センチ以下1本の花茎に小さな花を一つだけつけることもあって、見つけにくい植物でもあるようです。絶命が危惧されていて、多くの府県で絶滅危惧種に指定されているということです。

 名前のムカゴサイシンは地下にヤマノイモのムカゴに似た球茎をつけ、葉がサイシン(ウスバサイシン)に似ている所から命名されたようです。

 写真です。手元にありませんでしたので、ネットから借りています。

ネルビリア・ストリツィアナ Nervilia stolziana

    Nervilia stolziana2     Nervilia stolziana

ムカゴサイシン Nervilia nipponica

    Nervilia nipponica
 ●こちらが、日本にも分布している種です。目立たない植物ですが、一度出あってみたい花でもあります。 

 切手です。

ネルビリア・ストリツィアナ Nervilia stolziana

    sttan0901.jpg
1994年 タンザニア発行(タンザニアのラン)
 ●切手の印面一杯に描かれていますので、大きなランのように見えましたが、実際は小さいのです。 タンザニアから8枚組のシート2枚の形で発行されました。こちらです⇒「切手植物図鑑」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR