2435.今日の植物(1922):スカフィウム

 今日の植物は、スカフィウムという植物です。

 スカフィウムは、アオギリ科 Scaphium属(スカフィウム属)の植物で、The Plant Listには8つの種が記載されていますので、小さな植物群ということになります。
 新しい分類体系では、Scaphium属はアオイ科に分類されるようになっていますが、とりあえずアオギリ科ということにしておきます。

 ウイキペディアによりますと、切手に描かれているScaphium affine種は、アジアの南東部を原産地とする樹木で、Maiva nut treeと呼ばれて、果実は食用や伝統的な医薬用途に使われるのだそうです。
 この果実を乾燥させたものは「莫大(ばくだい)」と呼ばれて、水などで膨張させたものを刺身のつまや酢の物の食材として使うのだという情報もありました。

 少し脇道にそれますが、この莫大という言葉は、「これより大なるものは莫(な)し」ということを表して非常に大きなことを意味するものだということです。
 「メリヤス」というニットの繊維製品がありますが、これを漢字で書くと「莫大小」となります。「伸び縮みするので大小がない」ということでこの当て字が使われるようになった、と昔聞いたことがあります。今回思い出しました。

 写真です。これも手元にありませんでしたのでネットから借用です。

スカフィウム・アフィネ Scaphium affine

    Scaphium affine1     Scaphium affine 
 ●右の写真の左が乾燥した状態の果実で、右が水で戻したものだということです。まさに莫大、随分大きく膨らむものです。
 切手です。

スカフィウム・アフィネ Scaphium lychnophorum(=S. affine)

    stlao1103.jpg
2011年 ラオス発酵(国際森林年)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR