FC2ブログ

2448.今日の植物(1935):オガサワラビロウ

 今日の植物は、オガサワラビロウです。

 オガサワラビロウ(Livistona boninensis)は、ヤシ科 Livistona属(ビロウ属)の植物です。小笠原諸島の固有種で、小笠原諸島では海岸から山頂にいたるまで広く分布しているということです。
 樹高は15メートルにもなるものもある高木で、現地では葉を屋根を葺くのに使ったり、葉柄を魚を突くモリの柄に使ったりされていた有用な植物です。また多くの希少な動植物がこの樹木に集まるという意味でも、重要な植物ということができるのだそうです。
 学名の種小名 「boninensis」は「小笠原の」という意味で、小笠原諸島が無人島(ぶにんじま)と呼ばれていたことからきているということです。

 このブログではビロウを一度取り上げていますが、今回、それとは別にオガサワラビロウを取り上げましたのは、6月26日にこのオガサワラビロウを描いた切手が発行されたことによります。
 切手は、「小笠原諸島復帰50周年」を記念して発行されたのですが、その図が50年前に「小笠原諸島復帰」を記念して発行された記念切手を思い出させるもので、懐かしくて取り上げました。

 写真です。手元の写真は全体が見えませんのでネットからも借りてきました。

オガサワラビロウ Livistona boninensis

    P1060473.jpg
2012年7月22日 東京都「夢の島熱帯植物園」

    ogasawarabirou61[1]     birounohana[1]

 切手です。

オガサワラビロウ Livistona boninensis

    stjpn21101.jpg           stjpn294b.jpg
1968年 日本発行(小笠原諸島復帰)  2018年 日本発行(小笠原諸島復帰50周年)
 ●左の切手から50年経って、画面がズームアップされ太陽が左に寄り、船が現れた、という感じです。
 ●復帰100年記念にはどんな図柄になるのでしょうか、月が登っている(?)、などと楽しみですがあと50年は長すぎる・・・

    stjpn21801.jpg
1973年 日本発行(国立公園「小笠原」) 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR