FC2ブログ

2460.今日の植物(1946):ディステモナンタス

 今日の植物は、ディステモナンタスという植物です。

 ディステモナンタスは、マメ科 Distemonanthus属(ディステモナンタス属)の植物で、The Plant Listでは切手に描かれているDistemonanthus benthamianus種一種だけの属だということです。
 いつもお世話になっている英語版のウイキペディアには極簡単な説明しかなかったのですが、なんと日本語版のウイキペディアの方に詳しい情報がありました。

 その情報によりますと、この植物はアフリカのガボンからシエラレオネ辺りに分布する樹木で、樹高40メートル、直径1.5メートルにもなるのだそうです。木目が美しく、緻密な材で、寸法安定性が高いことから、家具や外装建具などに使われるそうです。変わった所では、ビリヤードのキューにも使われるという情報もありました。

 このウイキペディアの情報では、この植物はモバンギとかナイジェリアサテンウッドとも呼ばれているそうですが、モバンギの方はどうもガボンでの呼び名のようです。

 写真です。ネットから借りてきましたが、小さな画像しか見つけることができませんでした。

ディステモナンツス・ベンタミアヌス Distemonanthus benthamianus

     Distemonanthus benthamianus1     Distemonanthus benthamianus 

 切手です。前回の切手と同じセットで発行されました。

ディステモナンツス・ベンタミアヌス Distemonanthus benthamianus

    stgab0903.jpg
1967年 ガボン発行(森の富)
 ●今回の切手も凹版で印刷されたもので、繊細で優雅な印象の切手です。

(以下、余計な講釈です)

 ●手元に同じ印面を凹版と他の印刷方式で印刷した切手がありますので、比較してみます。凹版印刷は他の方式に比べて、細かく繊細な表現ができるところが特徴です。

セイヨウシナノキ Tilia europaea

    stcze2305.jpg     stcze2304.jpg
いずれも、1945年 (旧)チェコスロバキア共和国発行(普通切手)
 ●左が凹版、右はグラビア印刷です。セットの画像はこちら⇒切手植物図鑑

アダン Pandanus odorifer

     stjpn16903.jpg     stjpn16904.jpg    
左は1942年、右は1944年 日本発行(普通切手)
 ●左が凹版、右は凸版印刷です。凹版は版の作成に手間がかかるようですので、戦争末期に凸版印刷に切り替えたのではないかと思います。セットの画像はこちら⇒切手植物図鑑
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR