FC2ブログ

2465.今日の植物(1951):フウ

 今日の植物は、フウという植物です。

 フウは、マンサク科 Liquidambar 属(フウ属)の植物で、The Plant Listによれば5つの種が含まれるという小さな属です。(このThe Plant Listはしばらくトラブルがあったようで、情報を検索することができなかったのですが、今回はうまくいくようになっていてほっとしている所です)

 そのフウ、漢字で書くと「楓」、楓属であって風俗ではないのです。楓と書きますが、カエデとは科も違う別の植物です。
 ウイキペディアによりますと、フウ属の植物は中国・台湾・小アジア・北米に分布しているということです。種としてのフウの原産地は台湾、中国南部で、日本には享保年間にもたらされ、現在では、街路樹や公園の植木として植えられていて、これからさき紅葉が楽しめる樹木です。

 写真です。久し振りに写真と切手の両方がある植物で、嬉しくなって写真てんこ盛りです。

フウ Liquidambar formosana

    IMGP2325.jpg   IMGP1271.jpg   P1080164.jpg
   撮影:2003年6月15日  撮影:2003年11月16日 撮影:2012年11月22日
   神戸市「六甲山森林植物園」 京都市「府立植物園」    京都市「府立植物園」
 ●種小名の「 formosana」は台湾のという意味です。

モミジバフウ Liquidambar styraciflua

    IMGP2342.jpg   IMGP1385X.jpg   IMGP2792X.jpg
    撮影:2003年6月15日 撮影:2003年11月22日  撮影:2004年2月1日
   神戸市「六甲山森林植物園」 大阪市「長居植物園」  富田林市「サバーファーム」
 ●右の写真のような棘をもった果実をつけます。      

 切手です。このブログではマンサク科の植物はこれで6件目なのですが、そのうちマンサク属を描いた切手が1枚だけあるだけです。切手に取り上げにくい植物なのでしょうか?

リキダンバー・オリエンタリス Liquidambar orientalis

    sttrk0801.jpg
1984年 トルコ発行(樹木と木製品)
 ●この切手は最近入手したものですが、樹木とそれを利用した製品が描かれています。セットはこちらへ⇒切手植物図鑑
 ●この切手に製品として描かれているのは何かの容器のようなものですが、このフウ属の植物から採取された樹脂が香料や薬品として利用されていることを示しているようです。ちなみに、属名のLiquidambar は「琥珀色の液」という意味だそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR