FC2ブログ

2496.今日の植物(1982):アメリカゾウゲヤシ

 今日の植物は、アメリカゾウゲヤシという植物です。

 アメリカゾウゲヤシは、またまたヤシ科 Phytelephas 属(アメリカゾウゲヤシ属)の植物で、The Plant Listでは7つの種が確認されているとされていました。ウイキペディアによりますと、この属の植物はパナマ南部からアンデス山脈に沿ってエクアドルからボリビア、コロンビア、ブラジル北西部、ペルーに分布する植物だということです。

 学名のPhytelephasは「Phyt+Elephas」で「Plant Elephant、像の植物」を意味しています。それはこの植物が象牙に似た堅くて白い果実を持っている所から来ているということです。和名のアメリカゾウゲヤシも由来は一緒です。

 切手に描かれている*Phytelephas seemannii種も含めて、この属の植物はVegetable ivoryと呼ばれる種子を持っています。文字通り、「植物の象牙」なのですが、非常に硬く、ボタンやナイフの柄、チェスの駒などに使われるそうです。Phytelephas seemanniiの若い種は柔らかく、食用にもなるということです。Phytelephas seemannii種はこのようなことから多く採取され絶滅が危惧される種でもあるようです。

 写真です。手元にありませんでしたのでネットから借用しています。

フィテレファス・ゼーマンニ Phytelephas seemannii

    22852_1403292750_web[1]      440px-Taguacarving[1] 
●右の写真は種子を彫刻したものだそうです。象牙にそっくりです。
●左の写真のように、この種は1メートル程度の高さにしかならないそうです。

 切手です。

フィテレファス・ゼーマンニ Phytelephas seemannii

    stcol1101.jpg
1997年 コロンビア発行(ゾウゲヤシの利用計画)
●種小名のseemanniiは19世紀後半のドイツの植物学者Berthold Carl Seemannの功績を讃えて命名されました。以前このブログに出ていたBalaka seemanniiも同じ種小名を持っています。

(お知らせです)

 リビングストンデージーの切手を入手しましたので、掲載しました。⇒リビングストンデージー
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR