FC2ブログ

2497.今日の植物(1983):ショウジョウヤシ

 今日の植物は、ショウジョウヤシです。

 ショウジョウヤシは、ヤシ科 Cyrtostachys 属(ショウジョウヤシ属)の植物です。またまた・・ヤシ科の続きです。
 The Plant Listによれば、ショウジョウヤシ属に分類される種は、7つだけですので、小さな属ということになるようです。ウイキペディアの情報によれば、この属の植物は東南アジア、ニューギニアおよび太平洋の南中央部、南東部に分布しているということです。

 切手に描かれているCyrtostachys renda種は、タイ、マレーシア、ボルネオ、インドネシアといった地域を原産地とする種で、この種はCyrtostachys 属の中では唯一ウォーレス線(東洋とオーストラリアの生物分布の境界)の西側に分布する種なのだそうです。
 英語名をred sealing wax palm(赤いシール蝋ヤシ:かつて手紙などの封をする際に使われた蝋のことです。実際にはその用途には使われてはいなかったようですが)とかlipstick palm(口紅ヤシ)とされていますが、それはこの種が赤い色の幹を持っていることから来ているようです。和名のショウジョウヤシ(猩々椰子)もその赤色に着目して命名されたものと思われます。

 そのきれいな赤い色が好まれて、熱帯地方の街路樹などで盛んに栽培されるようになったという情報もありました。

 写真です。久し振りに自前の写真がある植物です。華やかな外観からでしょうか、多くの植物園で見ることができます。

ショウジョウヤシ Cyrtostachys renda

   P1040512.jpg       P1040796.jpg
  撮影:2012年2月12日    撮影:2012年1月22日
 東京都「夢の島熱帯植物園」  京都市「府立植物園」

ヒメショウジョウヤシ Cyrtostachys lakka

   IMGP2400X.jpg     IMGP0092XX.jpg     
     撮影:2004年1月24日    撮影:2004年3月21日
 宇治市「宇治市植物公園」   草津市「水生植物園」


 切手です。

ショウジョウヤシ Cyrtostachys renda

    stidn2301.jpg
1995年 インドネシア発行(花と動物)
 ●この切手は10種類セットで発行されました。こちらです⇒切手植物図鑑
  固有の植物と動物を取り上げたセットになっていて、数年の間シリーズで発行されていました。

(おしらせです)

 今回もそうですが、時々「切手植物図鑑」にリンクして一緒に発行された切手などをご紹介してきました。このたびその「植物園」の中に「切手フンデルトヴァッサアー美術館」というのを「開館」しました。フンデルトヴァッサアーというオーストリア出身のアーティストに関連する切手を取り上げたものです。
 以前からフンデルトヴァッサアー氏の絵や建築に興味を持っていて、また氏は切手に自身のメッセージを伝達する機能を期待した人でもあります。そんなことから、手元にある切手を整理して「植物図鑑」に「併設」して開館となりました。こちらから直接入館(!)できますので、一度覗いてみてください。⇒切手フンデルトヴァッサアー美術館
 
(このブログは毎週月曜日に記事を掲載する予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR