FC2ブログ

2498.今日の植物(1984):トウ

 今日の植物は、トウという植物です。

 トウは、ヤシ科 Calamus属(トウ属)の植物です。またまたヤシ科の連続です。
 The Plant Listによれば、この属に分類される植物は386種あるということですから、これは大きな属ということができます。これらの種は、アジア、アフリカおよびオーストラリアの熱帯、亜熱帯地域を原産地とするもので、蔓性の植物です。他の植物をよじ登るために、鉤や針を進化させたものも多いのだそうです。

 切手に描かれているCalamus rotang種は、インド、スリランカおよびミャンマーを原産地とする種で、Malacca Caneと呼ばれ、いわゆる籐(とう)として家具やバスケット、杖、傘、テーブルなどを作る材料として使われる植物です。
 この植物の基部に当たる部分は約10メートルほど垂直に伸びるのですが、その先は直径数センチメートルの細くてしなやかな枝が地面と平行に200メートルも伸びるということです。この部分が籐として利用されるということになります。
 先端がとがった果実は食用にもなり、また果実から採られる樹液は医薬用途その他の商業用途に利用されるなど、なかなか有用な植物のようです。

 属名のCalamusは、ギリシャ語由来で「アシ(芦)」を意味していたようです。外観が似ていることからこの属名に使われたということです。
 面白いのは、種小名にもcalamusというのがあり、「管状の」といった意味を持っているようです。これまでこのブログでは
ショウブ(Acorus calamus)が登場しています。また、魚のタイ科にもCalamus属というのがあるようで、これも面白いです。


 写真です。手元になかったものですから、ネットから借用しています。

カラムス・ロタン Calamus rotang

    wa2[1]     800px-Rattan_Palm_(Calamus_rotang)_with_fruits_(7844049166)[1]     1024px-Calamus_rotang_chooral_furniture_01[1] 
 ●右が籐の製品です。籐の製品は人気が高く高価なものになっているそうで、竹やイグサの仲間、コリヤナギなどの代用品も流通しているということです。
 そこで、思い出しましたが、このコリヤナギが行李を作る材料になっていたものかもしれません。以前のコウリバヤシの記事をご参照ください。

 切手です。

カラムス・ロタン Calamus rotang

    stsin1506.jpg
2002年 シンガポール発行(William Farquhar Collection )

(おしらせです)

 ニシキギを描いた切手を入手しましたので、追加しました。⇒ニシキギ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR