FC2ブログ

2507.今日の植物(1993):ウサギシダ

 今日の植物は、ウサギシダという植物です。

 ウサギシダは、ナヨシダ科 Gymnocarpium 属(ウサギシダ属)の植物、半月前に初登場したナヨシダ科(ナヨシダ)に次ぐ2番目の属ということになります。
 The Plant Listによれば、この属に分類される種は10種があるとされていますので、小さな属ということになりそうです。

 ウイキペディアによりますと、この属は小さくて丸く裸出した胞子嚢を持っているという特徴があるということです。胞子嚢というのはシダ植物のどの部分に当たるのかよく分からない点もあるのですが、属名のGymnocarpium はラテン語由来で、「裸の種子を持っている」という意味から来ているのだそうです。
 そう言えばこのGymno-を持つ属名は結構たくさんあります。このブログに登場したのでは、次のような属名がありました。「裸」仲間なのです。
 Gymnocalycium(サボテン科)、Gymnospermium(メギ科)、Gymnosporia(ニシキギ科)などです。

 切手に描かれているGymnocarpium dryopteris種は、oak fernと呼ばれていて、広く北米、ユーラシア大陸に分布しており、中国や日本、朝鮮半島でも見られるということですから、ひょっとしたら、目にしたことがあるかもしれません。ただ、シダ植物はお互いによく似ていて見分けがつかないところが癪ですなあ・・・
 この種はforest understory plant(森の木の下に生える植物?)とされているようですが、ウイキペディアによれば、名前とは違ってoak(ナラやカシ)と一緒に見られることはないのだそうです。
 もう一つよく分からないこと、種小名のdryopterisはオシダ属の属名なのですが、オシダに似ているということなのでしょうか。

 写真です。手元にありませんでしたので、借用です。こんなシダ、見たことある、です。

ギムノカルピウム・ドリオプテリス Gymnocarpium dryopteris

    Gymnocarpium_dryopteris_0318[1] 

 切手です。

ギムノカルピウム・ドリオプテリス Gymnocarpium dryopteris

    stfar0401.jpg
 ●前回のナヨシダ科と同じ、フェロー諸島発行です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR