FC2ブログ

2517.今日の植物(2003):アゼナ

 今日の植物は、アゼナという植物です。

 アゼナは、ゴマノハグサ科 Lindernia属(アゼナ属)の植物で、The Plant Listでは88の種が取り上げられていましたので、やや大きな属ということになるのでしょうか。
 前回登場したクラテロスティグマは従来の分類体系ではゴマノハグサ科に分類されていたもので、新しい体系ではアゼナ科に分類されるようになったとご紹介しましたが、このアゼナも名前の通り同じくアゼナ科に分類される属です。と言いますより、科名がアゼナ科(Linderniaceae)ですからLindernia属がこの科の代表のようなものでしょう。
 名前のアゼナは畦に生えるところから来ていると思います。

 ウイキペディアによりますと、Lindernia属の植物は世界の温暖な地域に原産地を持つ植物だということです。面白いことにこのウイキペディアでは、Lindernia属に分類される種は30種だとされていて、The Plant Listの数字とは大きく違っています。
 例えば、切手に描かれているLindernia crustaceaはその30属の中に名前が出ていません。しかし、同じウイキペディアの他のページではLindernia crustaceaという種名が取り上げられていて、この種はかつてはCaparia crustaceaとされていた、と記されていて情報が整合していないようです。

 そのLindernia crustacea種は、和名をウリクサといい、日本全土、朝鮮半島、中国、東南アジアに広く分布しているということです。名前の由来は、果実の形がマクワウリに似ていることによるということです。どこかで出会っているかもしれませんね。

 写真です。うーん、見たことがあるような・・・でも可愛い花を持っています。

ウリクサ Lindernia crustacea

    Lindernia_crustacea_(2724168563)[1]     4P295_Lind-crus_RR2_GM1_MX[1] 

 切手です。

ウリクサ Lindernia crustacea

    stplnf0703.jpg
1988年 仏領ポリネシア発行(薬用植物)
 ●ウリクサは薬用植物でもあるようです。こちらのセットで発行されました⇒切手植物図鑑
  同じポリネシアからは1986年、1987年にも薬用植物を描いた切手が発行されています。いずれも凹版印刷のしゃれた切手です。

(おしらせです)

 以前ウバタマサボテンというサボテンの仲間が登場しましたが、自前の写真がない、ということにしていましたが、以前に撮影したものがあることが分かりましたので掲載しました。⇒ウバタマサボテン

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を掲載する予定ですので、また覗いてみてください。)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR