FC2ブログ

2519.今日の植物(2005):ミゾホオズキ

 今日の植物は、ミゾホオズキという植物です。

 ミゾホオズキは、ゴマノハグサ科 Mimulus 属(ミゾホオズキ属)の植物です。このMimulus 属もややこしいゴマノハグサ科の一つで、遺伝子解析による新しい分類体系ではハエドクソウ科という科に分類されています。

 The Plant Listによればこの属には195種が分類されていますが、ここでもう一つややこしいのは、頼りにしているウイキペディアによりますと、このMimulus 属に分類される種はたった7種しかないのだそうです。その7種のうち2種は北米の西部、残りはアジア、アフリカ、オーストラリア、マダガスカルを原産地とする植物だということです。そして約150種はかつてはこのMimulus 属に分類されていたのが、最近(2012年以降)Erythrantheという属に分類されるようななったということです。
 ということは、The Plant Listの数字は、この新しい分類の前の分類ということになるか、あるいはこの新しい分類がまだ一般には容認されていないのか、どちらかということのようです。

 切手に描かれているMimulus luteus種についてウイキペディアで調べてみますと、上記のようなことですからウイキペディアではErythranthe luteaとして記事が書かれているのですが、沼や川岸のような湿った場所を好むのだそうです。もともとは南北アメリカに分布していたものが、早くから園芸用に栽培され、英国では自生するようになったものもあるということです。
 英語では(
yellow) monkeyflowerと呼ばれているということです。花の様子を猿の顔に見立てたのでしょうか?

 写真です。ネットから借りています。日本にはミゾホオズキという種が分布しているということです。

ニシキミゾホオズキ Mimulus luteus


    HSWP41-600x600[1]     large-Mimulus20Luteus20P9[1]
 
ミゾホオズキ Mimulus nepalensis

    800px-Mimulus_nepalensis_1[1] 
 ●こちらが日本にも分布しているミゾホオズキです。種小名はnepalensis(ネパールの)となっています。ヒマラヤや朝鮮半島、中国にも分布しているようです。
 ●ついでにミゾホオズキという和名は、果実の形がホオズキに似ている所から来ています。


 切手です。

ニシキミゾホオズキ Mimulus luteus

    strom4404.jpg
1971年 ルーマニア発行(植物園の花)
 ●この切手は次の切手と一緒に発行されました。⇒切手植物図鑑
 ●当時のルーマニアは正式名称はルーマニア社会主義共和国といっていましたが、多くの植物切手を発行する植物切手大国でもありました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR