FC2ブログ

2527.今日の植物(2013):ヤマヒハツ

 今日の植物は、ヤマヒハツという植物です。

 ヤマヒハツは、トウダイグサ科 Antidesma 属(ヤマヒハツ属)の植物で、The Plant Listでは111の種があげてありましたので、かなり大きな属ということになりそうです。ただ、APGの分類体系ではこの属はコミカンソウ科とされています。

 ウイキペディアの情報によりますと、このAntidesma 属の植物は熱帯アフリカおよびアジアの東部、南部、オーストラリアといった地域を原産地としているということです。
 この属の植物の特徴として、樹高は低いものから高さ30メートルになるものまであり、円形の艶のある常緑の葉を持ち、花は悪臭を持つものが多いということです。

 日本の伊豆半島以西には切手に描かれているヤマヒハツ(Antidesma japonicum)という種が分布しているということです。

 ヤマヒハツを漢字で書くと「山畢撥」(畢の字は竹かんむりの「篳」の字が使われる場合もあるようです)。ウイキペディアによりますと、畢撥(ヒハツ:Piper longum)はコショウ科の植物で、コショウの英語名pepperやコショウ属の属名のPiperはサンスクリット語でヒハツを表すpippaliから来ているのだそうです。この名前が中国を経由して日本にももたらされたということになります。
 で、今回のヤマヒハツは、科は違いますが山に生えるヒハツということになるのでしょうか。 

 写真です。手元に1枚ありましたが、日本にも分布しているヤマヒハツの写真もネットから借用して載せました。

ブニノキ Antidesma bunius

    P1010215.jpg 
撮影:2010年8月28日 大阪市「咲くやこの花館」
 ●この種は、インドやマレーシアに分布している種のようです。ブニノキという名前は種小名から来ているようです。

ヤマヒハツ Antidesma japonicum

    Antidesma_japonicum.jpg     Antidesma_japonicum_fr1[1] 
 ●こちらが日本にも分布している種です。種小名は「japonicum」(日本の)となっていますが日本原産ではなさそうです。

 切手です。

ブニノキ Antidesma bunius

    stphi2410.jpg
2008年 フィリピン発行(フィリピン盆栽協会35年)
 ●前回リンクでご紹介したハクチョウゲと同じシリーズで発行されたものです。こちらです⇒切手植物図鑑
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR