FC2ブログ

2536.今日の植物(2022):アリベルティア

 今日の植物はアリベルティアという植物です。

 アリベルティアはアカネ科 Alibertia 属(アリベルティア属)の植物です。またアカネ科に戻ってきました。The Plant Listには変種も含めて28種があげてありましたので、小さな属ということになります。
 ウイキペディアの情報によりますと、Alibertia属の植物はアメリカ大陸の熱帯地域に分布しているということです。

 切手に描かれているAlibertia edulis種についてウイキペディアに情報がありました。それによると、この種はアメリカ大陸の熱帯森原産の雌雄異株の常緑樹だということです。樹高は7.5メートルにもなり、白いトランペット状の花を咲かせます。種小名がedulisとあるように、黄色の卵形の果実は食べることができ、ジャムやジュースとしても利用されているということです。ただ、栽培はされていないようで、果実は自生している木から採取されているということです。

 写真です。手元にありませんので、ネットから借用しています。

アリベルティア・エドゥリス Alibertia edulis

    Alibertia_edulis[1]     d6ba6edcebdb5e989b311bcc26c231c88af948cf[1] 

 切手です。

アリベルティア・エドゥリス Alibertia edulis

    stbra2305.jpg
2016年 ブラジル発行(セラードの果物)
 ●このセラードというのは、ブラジルの高原地帯に広がるサバナのことで、ブラジルの総面積の24%、日本の面積の5.5倍にも相当する広大な地域です。この切手と一緒に発行された切手には、様々なセラードの果実が描かれています。これまでこのブログに登場していない植物もありますから、これからご紹介したいと思います。こちらです⇒切手植物図鑑

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR