FC2ブログ

241.音楽の植物(14):ニレ

 本日の誕生花は、ニレです。 昨日に続いて樹木の登場です。

 ニレが登場する音楽といえば、これでしょう。
 「高校三年生」(舟木一夫)
  http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=13873

 ニレは、ニレ科 Ulmus属(ニレ属)の樹木の総称です。シベリアからインドネシア、メキシコ、日本と広く北半球に分布しています。腐食に強く、変わったところでは棺桶に使われるとのことです。

 ニレを漢字で書くと「楡」、北杜夫氏の小説に「楡家の人々」というのがありました。

Ulmus属の写真です。

アキニレ Ulmus parvifolia

    241IMGP2224.jpg     241IMGP2664.jpg
     撮影:2003年6月14日    撮影:2003年7月4日
     西宮市武庫川畔      明石市「明石公園」

  
  241IMGP4069.jpg
撮影:2004年9月26日 神戸市「六甲山森林植物園」

(以下、2013年10月14日追加分です)

 荒滝山を歩いていて写真のような小さな実が地面にたくさん落ちていましたが、何の実なのか分からずとりあえず写真だけ撮って帰りました。その後別の日に荒滝山を歩いて、4番目の写真のような葉も一緒に落ちたものを見つけました。その前の台風の風で葉も一緒に吹き飛ばされたのでしょう。
 手元の植物図鑑「日本の樹木」で探してこの葉の特徴からアキニレだろうと推測しました。
 で、このブログのアキニレのページを見たら、上のような葉と実が一緒の写真もあってまずアキニレに間違いないだろうと確信を持った次第です。
 ということで、『路上植物園』の第4弾となります。

    P1100786.jpg   P1100787.jpg
 
    P1100790.jpg 
   ●これがその時の「上空」の写真です。どれがアキニレなのかよく分かりません。

    P1100907.jpg

Ulmus属の切手です。

ヨーロッパニレ Ulmus glabra

     stlux0401.jpg
1997年 ルクセンブルグ発行(慈善事業)

ウルムス・レビス Ulmus laevis

    stblr0210.jpg
  2004年 ベラルーシ発行
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR