FC2ブログ

247.元気を出して!(5):ヤマユリ

 原子力発電所の事故に関する報道を見ていて心配なのは、この事故をきっかけに原子力発電は危険だからやめようという方向に議論が一気に走ってしまわないかということです。

 原子力発電が抱える問題は、その長所とリスクについて十分な論議がなされないままに、いつの間にか電力供給の大きな部分を占めるようになったことにあるように思います。
 現在私たちが享受している便利で快適な生活は、エネルギー、特に電力が十分に供給されているということを前提に成り立っています。そして、地球環境を維持しながら(温暖化ガスを発生させずに)この電力の需要を満たそうとすれば、現在の技術では原子力発電に頼らざるを得ないというのが実態だと思います。

 とすれば、現在の快適な「エネルギー多消費」生活をとるのか、リスクのある原子力発電を使わなくてもやっていける範囲の生活、現在よりは不便になる生活に戻すのか、という選択肢についてまず議論することが必要だと思うのです。

 その選択の結果、リスクのある原子力発電を組み込んでも快適な生活を選ぶということになれば、次にはどの範囲のリスクまで想定して事故防止策を講ずるのか、万一事故が発生した場合にその被害を最小限にとどめるための方策をどのように設定するのか、といったことについてコンセンサスを形成しておくことが重要だと思います。
 この事故防止策については、その効果を高めようとすればするほどエネルギーコストが上昇するということについても念頭におかなければなりません。どのレベルまでのコストが受容可能なのかについて議論も必要だと思います。

 個人的には、現在の余りにも快適で便利な生活は少し元に戻しても良いのではないかと思っています。例えば、トイレの便座を一日中温めているなんて無駄そのものだと思います。
 極論すると、温かい便座と引き換えに原子力発電のリスクを負うというのは絶対にペイしません。

 と、へ理屈はこれくらいにして、ヤマユリをご紹介します。ヤマユリは次の市町村の花に指定されています。
  宮城県 丸森町、
  福島県 楢葉町・広野町

 ヤマユリは、ユリ科 Lilium属(ユリ属)の植物です。 北海道と関東を除く近畿地方以北に分布しているということです。
 芳香を持っています。 

ヤマユリの写真です。手元になかったものですから、ウイキペディアより借用してきました。今度、撮影してきます。

ヤマユリ Lilium auratum

    250px-Lilium_auratum1[1]

 ヤマユリの仲間の切手です。    

ヤマユリ Lilium auratum

      stjpn9914.jpg        stjpn7702.jpg
   1952年 日本発行     2004年 日本発行
    (日赤75周年)     (ふるさと切手「神奈川県」)

    stjpn8605.jpg       stjpn0108.jpg
    2010年 日本発行     1961年 日本発行
        (国土緑化)
                    
    stjpn0314.jpg         stbul1106.jpg
   1990年 日本発行       1985年 ブルガリア発行
 (都道府県の花「神奈川県」)

     stsie0702.jpg          stgub0304.jpg
 1991年 シエラレオネ発行   1989年 ギニア・ビサウ発行
(世界の植物園「京都植物園」)   
 
サクユリ Lilium auratum  var. platyphyllum

    stjpn1102.jpg
2004年 日本発行(ふるさと切手「東京都」) 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR