248.元気を出して!(6):セッコク

 宮城県松島町の町の花は、セッコクです。
 そのことを知って、ひょっとしたらあのセッコクかなと、思い出したことがあります。

 2006年の10月ですから4年半前になりますが、会社の旅行で仙台、松島を回ったことがありました。
 その途中で日本三景の一つ松島の瑞巌寺を見学したのですが、そこでポットに植えたセッコクを売っていました。名前は、ズイガンジセッコク(漢字で書くと「瑞巌寺石斛」となります)、説明書によりますと、その瑞巌寺の境内に大きなスギの木があって、その木の地上約20メートルのところに着生しているセッコクを増やしたものなのだそうです。
 
 一緒に行った仲間のうち、私ともう一人が「こりゃ面白い」と、そのセッコクを買って帰りました。

 そのセッコクですが、私の方は自宅のベランダに置いてそのまま状態、ついに枯れてしまいました。余り水をやらなくてもよい、と書いてあったのですが、やはりいけませんでした。
 一方のもう一人、こちらはランやバラの育成の名手で、話を聞くとセッコクは大きく育って株分けもできるくらいだそうです。「こっちは枯れてしまった」と言ったところ「よかったら分けてあげますよ」だそうです!しゃくですなあ・・・・
 
 ネットで調べてみると、松島湾に散らばっている島にセッコクが自生しているのだそうです。それで、町花に指定されたのでしょうね。
 松島町も津波の被害に遭ったようで、松島の観光客が帰れずにお寺の本堂に2,3日寝泊りする状態だったそうです。
 こちらも早く観光地としての賑わいを取り戻してもらいたいものです。

 さて、そのセッコクは、ラン科 Dendrobium属(セッコク属)の植物です。一般には、石や木に着生する植物です。
 花屋では、洋種の華やかなものがデンドロビウムという名前で売られていますが、日本に自生しているものは華奢で華麗な花を持っています。 

 Dendrobium属の写真です。

セッコク Dendrobium moniliforme

    img[1]     sekkoku[1]
 ●この2枚は、ウイキペディアから借用してきました。
 ●左の写真が、ズイガンジセッコクです。

以下、2011年5月23日追加分です。

    P1020624.jpg
撮影:2011年5月22日 「我が家」

 ●本文で書きましたように、 瑞巌寺で買ってきたズイガンジセッコクを枯らしてしまったのですが、もう一人一緒に買った友人「Y」氏から株分けしたのを送っていただきました。少し悔しいけど、「Y」さんありがとう、今度は枯らさんようにします。
 (追加はここまで)

以下、2011年9月16日追加分です。

    P1030441.jpg     P1030437.jpg
撮影:2011年9月15日 「我が家」 

 ●「Y」氏から送ってもらったズイガンジセッコクが咲きました。夏の間も苔が乾いたら水をやり、肥料も与えるというように珍しく頑張った結果、とうとう咲いたのです。上の、我が家にやって来たときに比べると、葉も茂って元気よくなっているように見えます。
 ●しかし、この花は一番先頭にあるウイキペディアの写真のようにほんのりとピンクがかっているのですが、その色調がうまく表れていません。コンパクトカメラの限界なのか?腕の問題なのか?
 (追加はここまで)

以下、2012年5月3日追加分です。


    P1050564.jpg     P1050565.jpg
撮影:2012年4月30日 「我が家」
 ●再び花を付けてくれました。去年秋に咲いたのですが、この時期にも咲いたのです。しかも、花数も多く、しっかりと咲いております。よく頑張りました。
 (追加はここまで)

以下、2012年5月8日追加分です。

    P1050581.jpg     P1050583.jpg
撮影:2012年5月6日 『山奥植物園』「南原寺」
 ●このセッコクはスギの木に着生していました。見つけた時はうれしかったですね。下のわが実家のにもこんな花が咲くとよいのですが・・・・
 ( 追加はここまで)

    P1020056.jpg      P1020059.jpg
 
    P1020060.jpg  
以上3枚は、撮影:2011年3月12日 『山奥植物園』
 ●このセッコクは実家の玄関にあるカイヅカイブキの木に着生しています。しかし、これまで一度も花が咲いたところを見たことがありません。 
 ●このカイヅカイブキは、あと2種類の植物が着生しているという堂々たる「大家さん」です。後の植物も追ってご紹介します。

(以下、2013年5月31日追加分です)

 上記の実家(こちらに帰ってきましたので、いまでは「自宅」です)のセッコクに花が咲きました。
 これまで花が咲かないものだと思っていたのですが、実は毎年咲いていたのだそうです。どうやら一度も花期に居合わせなかっただけのようです。

    P1090656.jpg  P1090657.jpg
 ●真っ白なセッコクです。
 
    P1090660.jpg   P1090659.jpg
 ●こちらは別のウメの木に着生したセッコクです。少しピンクがかっています。
以上4枚は、撮影:2013年5月29日 『山奥植物園』
  
Dendrobium属の切手です。派手な洋種以外を載せました。

セッコク Dendrobium moniliforme


    stkor0401.jpg
  2001年 大韓民国発行

セッコクの一種 Dendrobium sp.

     sttwn0603.jpg
2007年 台湾発行(普通切手)
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

真っ白で綺麗な花ですね~。
まだまだ大きく伸びるのでしょうか?
だとしたら楽しみですね。

No title

千鳥さん

コメントをありがとうございました。
思いがけず花に出会ったというのはうれしいものです。
これまでの観察によれば、これ以上伸びるということはないだろうと思います。でも山間の地ですから冬は零下にもなるところでよく生き延びていてくれると、感心しています。
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR