FC2ブログ

263.百人一首の植物(8):サクラ

 今日4月1日の誕生日の花は、サクラです。入学式に欠かせない花と考えられて4月1日の誕生日の花になったのでしょうか。

 サクラは、バラ科 Cerasus属(サクラ属)の植物です。

 サクラは、日本人に最も親しまれている植物のひとつでしょう。百人一首にもカエデの5首を抑えてサクラの6首が最多であることもそのことを表していると思います。
 本日は、そのうちの3首をご紹介します。

 9.「花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに」(小野 小町)
 (降り続く雨のなかであのように美しかったサクラの花も色あせてまいりました。叶わぬ恋にうち沈みながらこの雨を眺めて過ごしてきた私の美しさも、この花の色ように衰えてきました)
 絶世の美女とうたわれた小野小町は在原業平(こちらも美男子でプレーボーイ)のことが好きで、他の男が言い寄っても無視をしてきたのですが、その業平は彼女が寄せる思いに気づきません。そんな小町の思いが詠まれています。 

 33.「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」 (紀 友則)
 (春の光がのどかにさしているこんな日に、どうして桜は落ち着いた心もなく散っていくのだろうか)
 この歌では、最後の助動詞「らむ」が原因推量の「らむ」だと教わりました。また、枕詞「久方の」も教わりましたな。
 
 61.「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」(伊勢 大輔)
 (昔の都奈良で咲いていた八重桜が、今日は九重、つまり宮中に献上されて、こんなにも美しく咲いていることだ)
 この歌の技法として、「対句」(と呼ぶのでしたっけ?)が使われていると教わりました。
  いにしへ←→今日、  八重←→九重
 この歌は、奈良から献上された八重桜を受け取った伊勢大輔がそれについて歌を詠みなさいと言われて、とっさにつくった歌だそうです。才女ですな。

で、サクラの写真です。

 まず、野生種のサクラです。
 現在我々が目にするサクラの多くは、ソメイヨシノが代表例ですが人間の手で品種改良されてきたものです。それらの品種改良に使われた原種がこの野生種ということになります。

ヤマザクラ Cerasus jamasakura     

    AIMGP0743XX.jpg         IMGP2053.jpg  
    撮影:2004年4月3日         撮影:2003年6月5日
    京都市「府立植物園」         京都市「平安神宮」
 ●「平安神宮」のヤマザクラは、いわゆる「左近の桜」と呼ばれているものです。京都御所にもありますが、右近のタチバナと対になって植えられています。
 時代を遡って行くと、左近にはウメが植えられていたそうです。それがサクラに代わったのは、ちょうど日本が中国の文化(梅の文化)から離れて独自の日本文化を形成し始めたときと符合するということです。
 そういう意味でも、サクラは日本文化を代表する植物です。

 (左)オオシマザクラ Cerasus speciosa    
(右)マメザクラ Cerasus incisa

    AIMGP1135XX.jpg           AIMGP6229.jpg
    撮影:2004年4月9日          撮影:2006年4月8日
    大阪市北区「造幣局」       亀岡市「大本花明山植物園」

カンヒザクラ Cerasus campanulata

    AIMGP0759XX.jpg
    撮影:2004年4月3日
    京都市「府立植物園」 

 以下は、その後の品種改良で作出されたサクラです。頻繁に発現する突然変異、古くよりサクラを愛好する国民性などから盛んに新しい品種がつくりだされ、現在知られている品種は600種に上るそうです。
 なお、「造幣局」で見られるサクラは、回を改めて掲載します。

ソメイヨシノ Cerasus x yedoensis

    IMGP0741XX.jpg        IMGP1383X.jpg
    撮影:2004年4月3日       撮影:2003年11月22日
    京都市「府立植物園」      大阪市「市立長居植物園」
 ●ソメイヨシノは日本のサクラの代表選手です。江戸時代の末期に作出され、それ以降急速に日本全国に広まりました。
 右の紅葉したサクラの葉もきれいなものです。が、散った後の掃き掃除が大変なのです。

(左)
コブクザクラ Cerasus × kobuku-zakura    
(右)キザクラ Cerasus lannesiana 'Grandiflora'

    
IMGP0757.jpg        Imgp1299.jpg
   撮影:2003年11月1日        撮影:2003年4月11日
   京都市「府立植物園」       京都市伏見区「黄桜酒造」

ヤエベニシダレ Cerasus pendula cv. Pleno-rosea  

    IMGP0943XX.jpg               
   撮影日:2004年4月6日              
 東京都新宿区「新宿御苑」              

 ジュウガツザクラ Cerasus × subhirtella cv. Autumnalis

    IMGP5852.jpg 
   撮影:2005年12月13日
  神戸市「市立須磨離宮公園」
 ●冬季に咲くサクラです。

コノハナザクラ Cerasus jamasakura var. nahohiana

    
IMGP6245.jpg
    撮影:2006年4月8日
  亀岡市「大本花明山植物園」


次はサクラの切手です。各国から多数の切手が発行されていますが、日本から発行されたものの一部を紹介します。 

 ソメイヨシノ Cerasus x yedoensis

    stjpn0313.jpg         stjpn0505.jpg
   1990年 日本発行       1980年 日本発行
(都道府県の花「東京都」)   (普通切手 1980年シリーズ)

    stjpn1401.jpg           stjpn9909.jpg
   2001年 日本発行        1961年 日本発行
  (ふるさと切手「東京都」)  (普通切手 「第3次動植物国宝」)

    stjpn5302.jpg      stjpn5513.jpg
      2008年 日本発行       1996年 日本発行
    (霊峰富士と四季の植物)         (国土緑化)

    stjpn6403.jpg           *stjpn24101.jpg
   2008年 日本発行         2014年 日本発行
(日本インドネシア国交樹立50年)       (普通切手)

シダレザクラ Cerasus spachiana f. spechiana

    stjpn0326.jpg        stjpn2306.jpg
   1990年 日本発行         2003年 日本発行
 (都道府県の花「京都府」)      (日本郵政公社設立)
  
    stjpn3406.jpg        stjpn4601.jpg 
   2006年 日本発行      2007年 日本発行
   (近畿の花「京都府」)  (ふるさと切手「山梨の風物Ⅱ」)

    stjpn5509.jpg
1991年 日本発行(国土緑化)

 ヤエザクラ Cerasus lannesiana cv

    stjpn0329.jpg         stjpn3402.jpg
   1990年 日本発行      2006年 日本発行
 (都道府県の花「奈良県」)    (近畿の花「奈良県」)   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR