FC2ブログ

307.山奥植物園の植物(11):スズラン

 山奥植物園の植物、スズランです。「山奥」の地の利を生かして、地植えで冬の寒さと夏の暑さに耐えています。

 スズランはユリ科 Convallaria 属(スズラン属)の多年草植物で、華麗な花と香で人気のある植物です。
 キミカゲソウ(君影草)という優雅な名前でも呼ばれています。 

 ウイキペディアによりますと、スズランは有毒植物なのだそうです。誤って食べたり、極端な例ではスズランを活けていた水を飲んでも、重症の場合は死に至ることもあるそうですので要注意です。

 スズランは大きく分けると日本在来種のいわゆるスズランとドイツスズランと呼ばれているものの2種類があります。ドイツスズランの方が大きくて、多くの場合花茎が葉と同じかそれ以上に伸びる点で見わけがつきます。香もドイツスズランの方が強いようです。
 日本在来の方は、「本州中部以北、東北、北海道の高地に自生する」とありますから、『山奥植物園』の自宅の気候はこれらの地域と似ているということになるのでしょうか。あるいは、このスズランがこの環境に適応するようになったのかもしれません。

 写真です。

スズラン Convallaria keiskei

    ZP1020495.jpg       P1020471.jpg
撮影:2011年5月1日 『山奥植物園』 

    IMGP1757XX.jpg
撮影:2004年4月24日 吉野町

切手です。

スズラン Convallaria keiskei

    stjpn2604.jpg        stjpn2803.jpg
    2005年 日本発行       2005年 日本発行
  (ふるさと切手「北海道」)    (ふるさと切手 「信州Ⅱ」)
 ●この2枚の切手に描かれているスズランは日本在来のスズランだと思われますが、花茎の長さだけからみるとドイツスズランのように見えます。

    stjpn9911.jpg
   1947年 日本発行
   (司法保護記念日)

    stprk0303.jpg
    1966年 北朝鮮
    (第1次野生の花)

ドイツスズラン Convallaria majalis

    stussr0205.jpg         stbul0603.jpg
   1973年 (旧)ソ連発行         ブルガリア発行

    stmol0102.jpg            styug0401.jpg
  1993年 モルドバ発行   1963年 (旧)ユーゴスラビア発行

    stlux0701.jpg           stswi1802.jpg
 1977年 ルクセンブルグ発行    1961年 スイス発行
     (社会福祉)              (児童福祉)

    stswe0503.jpg       stswe0805.jpg 
   2005年 スェーデン発行   1968年 スエーデン発行
        (春の花)            (野生の花)

    stsam0305.jpg
 1957年 サンマリノ発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR