FC2ブログ

031.百人一首の植物(1):ヨモギ

 シリーズ「百人一首の植物」の第1弾は、ヨモギを取り上げた歌です。
 (ネジバナが百人一首の植物に該当するかどうか不明ですので、ヨモギが第1弾ということになりました)

 51. 「かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを 」 (藤原実方朝臣)
 (こんなにもあなたのことを思っているということを口に出して言えませんが、あなたは、私の「もぐさの火」  のように熱く燃える思いをご存じないことでしょうね)といったような意味ですね。

 歌の鑑賞がこのブログの目的ではありませんが、「さしも草」までの部分は、「さしも知らじな」を歌いだすための「序詞」と呼ばれるもので、この歌の場合は、その序詞が歌全体の中で重要な意味を持っています。そのほか縁語、掛詞などの技法も駆使した技巧的な歌だと言われています。
 技巧と伝えようとする心とが良いバランスを保っているいい歌だと思います。 

(以下は、9月21日追加分です)

 ヨモギがもう一首、百人一首に登場するのを忘れておりました。
 75.「契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり」( 藤原基俊)
 ( あなたが約束してくださいました「させも草」に置くありがたい露のようなお言葉を命としてまいりましたが、ああ、今年の秋も行ってしまったようです)
 
 なんか、男女の話みたいですが、実はこれは、基俊の子供が役職を藤原忠道に頼んだのですが、一向に望み通りに進まないことを恨んで詠んだ歌だそうです。

(以上追加分)

 これらの歌の中で重要な役割を果たしている「さしも草」あるいは「させも草」は、ヨモギだと考えられています。
 ヨモギは、キク科 Artemisia 属(ヨモギ属)の植物です。

 この歌に登場する伊吹山は多様な植生の高山植物で知られていますが、また薬草の宝庫としても古来有名だったようです。ヨモギは様々な使い方をされる薬草だったのですね。お灸のもぐさもこのヨモギが使われているとのこと、「さしもぐさ」もそこから来ているのかも知れません。

 子供のころ転んで擦り傷を作ると、このヨモギを石で叩いてその汁をヨモギと一緒に傷口に塗るというような「治療」をしていました。やはり、薬草として利用していたのですね。しかし、あれは痛かった。
 もちろん、ヨモギ餅、ヨモギ饅頭などの食用植物でもありました。

(左)
ヨモギ Artemisia princeps       
(右)オトコヨモギ Artemisia japonica     

      
        28IMGP1570XX_convert_20100812155308.jpg               
     撮影日:2004年8月8日      撮影日:2004年4月18日       
       滋賀県「伊吹山」      亀岡市「大本花明山植物園」     

アサギリソウ Artemisia schmidtiana


    27IMGP2849XX_convert_20100812155120.jpg
撮影:2004年6月19日 西宮市「北山緑化植物園」 
 
切手は2枚ありました。日本では切手になりにくそうな植物ですが、やはり取り上げる国もあるのですね。

(左)アルテミシア・トリデンタータ  Artemisia tridentata   
(右)アルテミシア・アフラ Artemisia affra

       
stusa0228.jpg                   sttra0801.jpg  
           アメリカ発行            1977年 (旧)トランスカイ発行  
    (州の鳥と花「ネバダ」)               (薬用植物)

 ●アメリカの切手は、1953年以降に発行された州を代表する鳥と花を描いた50種シリーズのネバダ州のものです。50種が1枚のシートになっているのも発行されていますが、迫力十分です。
 ●(旧)トランスカイの切手は、海外でもヨモギは薬用植物として見られていたことを示しています。(旧)トランスカイは、サンダーソニアのところでも出てきましたが、南アフリカ国内の「独立国」でした。

 一時、この記事を編集途中の状態で公開していました、ゴメン・・・・帰省先で編集しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR