FC2ブログ

374.今日の植物(156):クスノキ

 7月16日に門真市周辺のクスノキを見て歩きました。この近辺にはクスノキの巨木が多く、猛暑の中を歩き回ったのですが、これらの樹の木陰は涼しさを感じることができてさわやかな汗となりました。

 クスノキはクスノキ科 Cinnamomum属(クスノキ属)の常緑高木です。もともとは台湾、中国、ベトナムなどの温かい地域に自生していたようですが、その後(と言っても有史前の随分昔です)日本にも進出してきたのだそうで、現在では九州、四国、西日本の太平洋岸を中心に分布しています。
 特に神社には大木があり神木として信仰の対象となっているものも多く見受けられます。今回の巨木の多くはそうでした。
 
 クスノキはには全体に香があって、除虫剤などに使用される樟脳の原料となり、同じCinnamomum属には、ニッケイやシナモンといった香のよい植物も含まれています。

クスノキの写真です。

クスノキ Cinnamomum camphora
 ●属名の「Cinnamomum」は桂皮を指します。

    P1020918.jpg      P1020927.jpg
   門真市「堤根神社」       門真市「長谷川氏邸」
 ●右のクスノキは個人のお宅にあるもので、大阪府の天然記念物に指定されています。

    P1020940.jpg      P1020935.jpg

    P1020930.jpg      P1020934.jpg
    以上4枚は、門真市「三島神社」
 ●「三島(みつしま)神社」のこのクスノキは「薫蓋樟(くんがいしょう)」と命名されています。樹齢推定1000年、大阪府下最大のクスノキだそうで、 国の天然記念物でもあります。
 これは圧倒的な迫力でした。
 環境省が作成している「自然環境保全基礎調査」によると、このクスノキは全国で41番目の大きなクスノキだということです。
   →「巨樹・巨木林データベース」 http://www.kyoju.jp/prog/kj1010.asp?data=kyoju97

    P1020956.jpg      P1020961.jpg
   以上2枚は、寝屋川市「萱島神社」(京阪「萱島駅」)
 ●「萱島神社」のクスノキは、推定樹齢700年、上にある京阪「萱島駅」のホームと屋根を貫いて伸びています。
 駅を拡張する際にこのクスノキを残そうと工夫した結果がこんなことになりました。右の写真のように、神社はコンクリートのホームに押しつぶされそうです。

以上8枚は撮影:2011年7月16日

    IMGP2604X.jpg        IMGP2603X.jpg
 撮影:2004年1月27日 大分市「柞原八幡宮」
 ●樹齢330年と説明されていました。
 ●上記の「巨樹・巨木林データベース」によれば、こちらのほうが大きくて全国第8位にランクされています。 

    IMGP1415.jpg       IMGP1416.jpg
撮影:2003年11月22日 西宮市「海清寺」
 ●1394年に植えられたとありましたから、樹齢は600年以上ということになります。
 
    P1050601.jpg    P1050603.jpg
撮影:2012年5月5日 下関市川棚地区「川棚のクスの森」
 ●このクスノキは樹齢1000年以上といわれる巨木で、日本三大樟樹の一つとされていて、天然記念物に指定されています。木の下にいるとまるで森の中にいるような錯覚に陥ることから「クスの森」と呼ばれるようになったのだそうです。

(以下の2枚は、2013年2月19日追加分です)

    P1090300.jpg     P1090302.jpg
撮影:2013年2月15日 京都市「青蓮院」
 ●「青蓮院」は親鸞上人が9歳で得度されたお寺として知られています。
 ●このクスノキは聖人のお手植えのものだと伝えられていますが、実際は「青蓮院」がこの地に移ってきた13世紀に植えられたものだと考えられているようです。 
 親鸞聖人の得度については、こちらの記事もどうぞ。   
  http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-687.html

    IMGP2660X.jpg
撮影:2004年1月27日 岩国市「吉香公園」

    IMGP1935.jpg       IMGP3039.jpg     
   撮影:2003年5月30日       撮影:2003年8月9日
   明石市「明石城公園」       大阪市「花博記念公園」
          
 クスノキを描いた切手です。

クスノキ Cinnamomum camphora

    
stjpn0341.jpg           stjpn2107.jpg
   1990年 日本発行        2005年 日本発行
 (都道府県の花「佐賀県」)   (九州の花と風景「佐賀県」) 

(以下の切手2枚は、2011年7月22日追加分です)

    stjpn8405.jpg         stjpn8410.jpg
以上2枚は2010年 日本発行(ふるさとの花Ⅶ「佐賀県」)

 ●「ふるさとの花」シリーズで発行された切手47枚(十回に分けて発行されました)は、2011年7月15日にそれぞれ47枚の切手が1枚のシートに組まれて再度発行されました。
 両方を買ったら、(80+50)×47=6,110(円)でした。 こりゃ高いなあ・・・でした。 

    *stjpn18801.jpg
2012年 日本発行(ふるさと切手「国土緑化・山口県」)

    stmacp9902.jpg
 1958年 (旧)ポルトガル領マカオ発行
  (第6回熱帯薬用植物会議)
 ●この切手は、会議を記念して当時のポルトガルの海外領8地域がそれぞれ1枚の薬用植物を描いた切手を発行しました。現在行われている共同発行の走りということになります。
  このセットは是非手に入れたいと思っていましたので、eBayのオークションで手に入れたときは嬉しかったですね。その後もこのセットはオークションでは見かけませんから、貴重なタイミングで入手できたということになります。
        
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR