FC2ブログ

389.立山で出合った植物(1):ハクサンイチゲ

 立山で出合った植物の第1弾は、ハクサンイチゲという植物です。漢字で書くと「白山一華」あるいは「一花」。

 ハクサンイチゲはキンポウゲ科 Anemone 属(イチリンソウ属)の植物で、中部地方北部から東北の高山に分布しています。立山でも純白の華麗な花が群生しているのを見ることができました。

 このAnemone 属は、これまで登場した種でアネモネニリンソウシュウメイギクとキンポウゲ科らしい魅力的な植物群をなしています。

 写真です。

ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora
 ●種小名の「narcissiflora」は「スイセンの花のような」という意味です。うーん、スイセンねえ、という感じです。 花のつき方を言っているのかもしれません。

    P1030183.jpg     P1030184.jpg
 
    P1030185.jpg
以上3枚はいずれも、撮影:2011年7月30日 「立山」

(この1枚は、2011年12月17日追加分です)

    ハクサンイチゲ

(以下2枚は、2012年8月1日追加分です)

    P1060653.jpg     P1060654.jpg
撮影:2012年7月29日 「穂高岳」 

 切手です。

ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora

    stjpn0904.jpg         stjpn1702.jpg
   2002年 日本発行       2005年 日本発行
 (ふるさと切手「石川県」)    (日本山岳会創立百周年)

    stbul3408.jpg
  1963年 ブルガリア発行
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR