FC2ブログ

448.今日の植物(206):カロトロピス

 本日も誕生日の花に適当なものがありませんので、せっかく来たのですから、もう一回ガガイモで遊んで行きましょうか?

 で、本日登場したのは、カロトロピスという植物です。
 カロトロピスは、ガガイモ科 Calotropis属(カロトロピス属)の植物で、インドから東南アジアに分布している植物です。
 やはり傷つけると白い粘液を分泌しこれが有毒ということですから、ガガイモの仲間は皆がそうなのかもしれません。

写真です。

カロトロピス・ギガンテア Calotropis gigantea  

  P1080559.jpg     P1080560.jpg

撮影: 2012年12月19日 インド ブダガヤ
 ●日本では植物園でしか見られないのですが、今回のインド・ネパールの旅では道端に咲いているのを見ることができました。

    IMGP3762.jpg
 撮影:2004年9月23日 精華町「京都フラワーセンター」
 ●千鳥さんのブログに出ていたガガイモ科の植物は、このカロトロピス属の仲間ではないかと思います。

Calotropis属を描いた切手です。予想以上にたくさん発行されていました。

カロトロピス・ギガンテア Calotropis gigantea
 ●種小名の「gigantea」は「巨大な」という意味です。この種は高さ3メートルにもなるそうです。

    stidn0118.jpg          stkir0203.jpg
2004年 インドネシア発行    1981年 キリバス発行

    sttimp0103.jpg               sttki0201.jpg
1950年 (旧)ポルトガル領ティモール  タークス・カイコス諸島発行

カロトロピス・プロケラ Calotropis procera
 ●種小名の「procera」は、「高い」という意味です。こちらも背が高くなるのでしょう。

     stomn0111.jpg           stuae0105.jpg
  2003年 オマーン発行    1990年 アラブ首長国連邦発行
      (野生の花)

    stmlw0201.jpg           stsah0201.jpg
    1968年 マラウイ発行   1967年 (旧)スペイン領サハラ発行
       (野生植物)                (児童福祉)

 ●右の切手は、ちょっと見ただけではカロトロピスと判断がつきませんが、もちろん私が判断したのではなくて、例の「世界切手図鑑」の小倉博士の分類に従ったのです。

      stantn0301.jpg                   stsom0805.jpg
 1985年 オランダ領アンティール発行   1955年 (旧)伊領ソマリア発行
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR