FC2ブログ

053.今日の植物(6):ゲッカビジン

 水耕栽培というのをご存知でしょうか?植物を土壌ではなく流れる水で育てる方法です。
 解説によると、土というのは植物の成長力を促すのではなく、病気や細菌などの温床となり、また根が伸びるのを物理的にも邪魔し、成長力を抑圧する方に働くのだそうです。必要な肥料などを加えた水だけを与え、温度、日照など最適な条件を与えると、植物の成長力を最大限に発揮させることができるということになります。 いわば植物工場のイメージです。

 ちょうど5年前の2005年9月5日、新聞で「水耕栽培によるゲッカビジンが開花」という記事を見つけて、見に行きました。
 場所は高槻市、国道171号線の郡家交差点から西に入ったところでした。当日は雨で、バス停から一人とぼとぼと、「晴れた日に来ればよかったなあ・・」などとぼやきながら歩きました。 しかし、ゲッカビジンの花は咲いたその日にはしぼんでしまいますから、そうも言っておれません。

 そこは協和(株)という会社の温室で、見てみればゲッカビジンがそれこそ天井まで届くように伸びた茎(というよりは木の幹という感じでした)に何百となく咲いていて、これにはびっくりしました。
 そこにいた担当の方にいろいろ話を聞きました。その内容のうち最初にあげた水耕栽培に関すること以外は忘れてしまいましたが、もうひとつ記憶に残っているのは、アイスボックスに氷で冷やした缶ビールがたくさんあって、「一本いかがですか?」「ごちそうになります」と乾杯したことです。「つまみ」は、これまた温室でとれたてのバナナでした。

  お土産にそのゲッカビジンを2,3本貰って、来たときとは反対に機嫌良く帰ってきました。 それにしても、なんでビールなど置いてあったんだろう。
 ビールをごちそうになった協和(株)さんはこちらです。遅くなりましたが、記してお礼申し上げます。
  http://www.kyowajpn.co.jp/

 ゲッカビジン(月下美人)は、サボテン科 Epiphyllum属(クジャクサボテン属)の植物です。 原産地はメキシコ 、6~9月の夜に2時間だけ咲くのだそうです。 
 その美しさ、儚さ、香り、「月下美人」という名前はうまくマッチしていますね。「まるで私みたい・・・」と思っているあなた、すぐに「劣化美人」になりますぞ。(いらぬお世話じゃ!)

 ゲッカビジンは、ある種のコウモリによって花粉を運んでもらう「コウモリ媒花」だそうです。夜に咲く、甘い香りを発する、花の形など、遺伝的にその目的に適応した結果だということです。

ゲッカビジン Epiphyllum oxpetalum

    50IMGP5351_convert_20100904124620.jpg     IMGP2789_convert_20100904124500.jpg
    撮影:2005年9月5日     撮影:2003年7月27日
      高槻市「協和(株)」        大阪市「咲くやこの花館」 

    *P1090692.jpg
撮影:2013年6月7日 『山奥植物園』(自宅)
 ●送っていただいたゲッカビジンです。Yさんありがとうございました。
 それで思い出したのですが、以前ズイガンジセッコクを送っていただいたことがあります。じつはその方も同姓のYさんでした。と、Yさんにはお世話になっているのであります。
 次回は、「ゲッカビジンの花が咲きました」と報告できるようにします。

(以下、2013年8月21日追加分です)


 送っていただいたゲッカビジンの花が咲きました。
 バタバタしていて十分に面倒を見ることができず、心配していたのですが咲いてくれました。これからはもう少し大事にします。

     P1100504.jpg     P1100502.jpg
撮影:2013年8月20日 『山奥植物園』(自宅)

クジャクサボテンの一種  Epiphyllum sp.
 
   50IMGP2828_convert_20100904124545.jpg 
   撮影:2003年7月27日
   大阪市「咲くやこの花館」
 
切手です。

ゲッカビジン Epiphyllum oxpetalum

    stryk0302.jpg        stnev0107.jpg
  1963年 (旧)琉球発行  1984年 ネイビス発行
    (第2次動植物)

    stplnf0101.jpg        stchr9901.jpg   
   1994年 仏領ポリネシア発行   1963年 クリスマス島発行
                             (普通切手)

エピフィルム「待宵孔雀」 Epiphyllum hookeri

    stmon0302.jpg
  1976年 英領モンセラト発行
        (夜の花)

 ●(旧)琉球の切手は、前にも出ましたが、シリーズの植物切手のうちの1枚です。
 ●ネイビスは正式には、セントクリストファー・ネイビスという西インド諸島のセントクリストファー(セントキッツ)島とネイビス島の2島からなる立憲君主国です。この切手は、14種(多分)からなるセットのうちの1枚です。
 ●仏領ポリネシアの切手は、単独で発行された切手です。この地域からは、他にも鮮やかな印刷の切手が発行されています。
 ●クリスマス島の普通切手は10種発行され、そのうちの3種が植物切手で、そのうちの1枚がこの切手です。
 ●英領モンセラトの切手は、縦長の切手2種と横長の切手2種の「夜に咲く花」を集めてミニシートにしたうちの1枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR