FC2ブログ

481.今日の植物(234):ムラサキシキブ

 本日の誕生日の花は、ムラサキシキブという植物です。

 ムラサキシキブは、クマツヅラ科 Callicarpa属(ムラサキシキブ属)の落葉低木で日本各地に分布しています。
 ウイキペディアによると、名前のムラサキシキブは、「ムラサキシキミ」から来たのだそうです。「シキミ」は実がたくさんなっている様を表しているようです。
  それでも、漢字で書くと「紫式部」です。

 それからもう一つ、今回初めて知ったことがあります。それは、ムラサキシキブとコムラサキの違いです。これまで、大ぶりなのをムラサキシキブ、少し小さいのをコムラサキと思っていましたが、見分け方があるようです。
 それは、次の通りです。
  ムラサキシキブ:葉全体に鋸歯(ぎざぎざ)があり、花は腋生、つまり葉の付け根につく
  コムラサキ:葉の先端半分に鋸歯があり、花は葉の付け根から数ミリメートル離れたところにつく

写真です。上記の見分け方を適用すると、みんなコムラサキになってしまったのです。植物園の品名の表示には「ムラサキシキブ」とあったのですが・・・とりあえず、コムラサキとしておきました。

コムラサキ Callicarpa dichotoma

    IMGP0012.jpg        IMGP0260.jpg
    撮影:2003年10月11日     撮影:2003年10月13日
        尼崎市        河内長野市「府立花の文化園」
 ●右の写真の白いのは、シロシキブ(Callicarpa japonica  f. albibacca) です。

    IMGP1376.jpg       IMGP2713.jpg
    撮影:2003年11月22日     撮影:2003年7月20日
  大阪市「市立長居植物園」   神戸市「市立布引ハーブ園」

    IMGP2945XX.jpg
撮影:2004年6月19日 西宮市「北山緑化植物園」

ムラサキシキブ Callicarpa japonica

    
450px-Callicarpa_japonica_berry_leaf[1]
 ●こちらがムラサキシキブです。ウイキペディアから借りてきました。 確かに、葉の全体にぎざぎざがあります。

切手は、探してみたのですが見つけられませんでした。引き続き探してみます。

(以下、2019年5月13日追加分です)

 ムラサキシキブを描いた切手が日本から発行されました。記事を掲載してから7年半になります。上記の実の付き方の見分け方からすると、ムラサキシキブの方のように見えます。

ムラサキシキブ Callicarpa japonica
   
    stjpn29505.jpg
2018年 日本発行( 森の贈りものⅡ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR