FC2ブログ

499.今日の植物(249):ナツミカン

 本日の誕生日の花の一つにミカンが入っているのですが、これはすでに登場していますので、ナツミカンを取り上げることにしました。

 ナツミカンは、同じミカン科 Citrus属(ミカン属)の植物です。

 江戸時代中期に山口県長門市の青海島に漂着した柑橘類の種を育てたのが、ナツミカン栽培のはじまりだとされていて、その原樹が今も青海島に天然記念物として残されています。
 というようなこともあって、ナツミカンは「山口県の花」に指定されています。

 萩藩では江戸から明治に時代が変わる頃、職を失った藩士にこのナツミカンの栽培を奨励したようで、今でも萩の城下町ではたくさんナツミカンの木を見ることができます。城下町の土塀や白壁の上からたわわに実ったナツミカンが見えるのは城下町萩を代表する風景になっています。

 ナツミカンは酸味の強い大型のミカンで、子供の頃はどちらかというと苦手な果物でした。その後、変種のアマナツカン(甘夏柑)というのが一般的になって随分食べやすくなりました。
 
 以前、カンナの記事の中でも書きましたが、前回の山口国体を開催するに当たって道路を整備した際、道路のガードレールはこの特産品ナツミカンにちなんで黄色に塗装されることになったということです。 次をご参照ください。
  カンナ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-414.html 

 その萩にはナツミカンを使ったお菓子がいろいろあります。そのうち二つをご紹介します。どちらも昔からあったお菓子で、懐かしいですね。

 「夏みかんの丸漬け」(萩城屋本舗
    
    natsumikan01.jpg
 
    natsumikan02.jpg     natsumikan03.jpg
 ●砲丸投げの砲丸のようですが、ナツミカンの薫りの羊羹が入っています。これはずっしりと中々ヘビーなお菓子です。

 「萩の薫」(長州屋光圀

    natsumikan04.jpg
 ●ナツミカンのほろ苦さと砂糖の甘さのバランスが絶妙という感じでしょうか。

 ナツミカンの写真です。

ナツミカン Citrus natsudaidai
 ●種小名の「natsudaidai」はナツミカンの別名「ナツダイダイ」から来ています。


(以下の2枚は、2012年8月27日追加分です)

    P1070035.jpg     P1070036.jpg
撮影:2012年8月18日 長門市青海島大日比地区
 ●これがナツミカンの原樹とされるものです。江戸時代中期(18世紀)にここ大日比に流れ着いた種を植えたのがナツミカン栽培のはじまりと伝えられています。

    P1030867.jpg    P1030868.jpg
撮影:2011年10月30日 萩市内

    IMGP0022.jpg
撮影:2003年8月3日『甲子園口植物園』「東甲子園公園」
 

    P1050624.jpg     P1050625.jpg
撮影:2012年5月9日 京都市右京区山ノ内地区
 ●これまで写真がなかったナツミカンの花に出合いました。

 ナツミカンを描いた切手です。 いずれも日本から発行されました。

ナツミカン Citrus natsudaidai

    stjpn0335.jpg         stjpn4105.jpg
     1990年発行           2006年発行
 (都道府県の花「山口県」)   (ふるさと切手「中国5県の花」)
 ●右の切手には青海島が描かれています。

    stjpn5005.jpg
2000年発行(ふるさと切手「中国地方の花」)

    stjpn13904.jpg        stjpn13909.jpg
2011年発行(ふるさと切手「ふるさとの花Ⅸ」)
 ●わが山口県に縁の深いナツミカンだからあんまり文句は言いませんが、植物切手を発行するなら同じ植物を何回も取り上げるよりも、もっといろいろな植物を取り上げるべきだと思います。日本には魅力的な植物がたくさんあるのですから・・・
 ●それと、学名を併記すると海外のファンからは喜ばれると思いますなあ・・・ ぶつぶつ・・・・
        
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR