FC2ブログ

526.今日の植物(272):パンノキ

 本日の植物は、属名ABCに従いパンノキという植物です。

 パンノキは、クワ科 Artocarpus属(パンノキ属)の常緑高木で、原産地はポリネシアです。属名の はギリシャ語のartos(パン)+ carpos(果実)から来ていて、日本名のパンノキも同じ系譜の名称となります。

 この植物がパンノキと呼ばれるのは、果肉に澱粉を含んでいて焼いたり蒸し焼きにしたりしてパンの代わりに食物とされていたことによるようです。
 黒人奴隷の食用にポリネシアから西インド諸島にもたらされ、現在でもジャマイカでは食用とされているということです。

Artocarpus属の写真です。

パンノキ Artocarpus altilis

    IMGP0326XX.jpg        250px-Artocarpus_altilis[1]
   撮影:2004年3月25日    こちらは、ウイキペディアから借用しました
  大阪市「天王寺植物園」

 ●左の写真の葉は、ウイキペディアの写真や後の切手の画像にあるパンノキの葉とは少し違っているように見えます。ひょっとしたら違う写真かもしれません。

パラミツ Artocarpus heterophyllus

     IMGP2575.jpg
撮影:2003年6月29日 加西市「県立フラワーセンター」
 ●パラミツは、インドからバングラデシュに至る地域を原産地としています。
 ●漢字で書くと「波羅蜜」。これは仏教用語で、仏陀を目指す菩薩が修めなければならないとされる徳目のことを言います。ですが、なぜこの植物の名称になったのかは不明、もう少し調べてみましょう。

Artocarpus属の切手です。各国から発行されています。これらの国ではごく普通の植物なのでしょうか。

パンノキ Artocarpus incisus

    
stplnf9901.jpg      stplnf0201.jpg
     1959年           1999年 いずれもフランス領ポリネシア発行

    
stdmnc0107.jpg          stwal0201.jpg
    1981年 ドミニカ発行    1995年 仏領ワリス・フテュナ発行

    
stcomr0210.jpg           stkam0104.jpg
1977年 (旧)コモロ共和国発行  1986年 (旧)民主カンボジア発行
     (不足税切手)

    
stcmr0304.jpg          stbah0301.jpg
1967年 カメルーン発行      1971年 バハマ発行

    
stton9901.jpg
1897年 トンガ発行(普通切手)

パンノキ Artocarpus altilis(=incisus

    
ststp0303.jpg
1981年 サント・メプリンシペ(世界食料の日)

パンノキ  Artocarpus communis(=incisus

    
stanb0306.jpg         stsmo0209.jpg
1983年 アンティグア・バーブーダ発行    サモア発行

    
stshr0203.jpg
1991年 西サハラ発行(アメリカ発見500年)

アルトカルプス・イントレグリフォリア  Artocarpus intregrifolia

    stlao0103.jpg
    1968年 ラオス発行
              
パラミツ Artocarpus heterophyllus
    
    
stsin0301.jpg
1973年 シンガポール発行(普通切手)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR