FC2ブログ

531.今日の植物(277):ヒイラギ

 本日の誕生日の花は、ヒイラギです。

 ヒイラギは、モクセイ科 Osmanthus 属(モクセイ属)の常緑の小高木で、東アジア原産の植物です。
 漢字で書くと「柊」、名前の由来は、ウイキペディアによりますと、葉の縁の棘に触ると痛むことを表す「疼(ひひら)く」から来たのだそうです。

 本日12月25日の誕生日の花になっていますが、このヒイラギとクリスマスは余り関係がないようです。クリスマスによく登場するのは、このダイアリーにもすでに登場したセイヨウヒイラギというモチノキ科の植物で、赤い実をつけます。
 一方こちらのヒイラギの実は黒色で、余りクリスマスらしくありません。似ているところといえば、葉に棘があるところくらい。
 しかし、こちらのヒイラギはキンモクセイなどと同じモクセイ属だけあって、花は良い香りがします。 

 葉に棘のある植物に「ヒイラギ」という名前を付ける例は、ほかにヒイラギナンテン(メギ科)、ヒイラギトラノオ(キントラノオ科)などがあります。

 ヒイラギの仲間の写真です。

ヒイラギ Osmanthus heterophyllus
 
●種小名の「heterophyllus」は「異なった葉をした」という意味です。老木になるとヒイラギの葉は刺が取れて丸くなってきますので、そのことを言っているのかも知れません。

    IMGP1756.jpg    IMGP0830.jpg
   撮影:2003年5月21日    撮影:2003年11月7日 いずれも大阪市北区「シンダイビル」 
  
    P1010512.jpg
撮影:2010年12月5日 京都市「府立植物園」 

    P1040184.jpg     P1040185.jpg
撮影:2011年12月4日 万博記念公園 「日本庭園」
 ●右の写真は、棘がとれた様子です。

オウゴンヒイラギ「サニーホスター」  Osmanthus heterophyllus

    IMGP1325.jpg   

フイリヒイラギ  Osmanthus heterophyllus  'Variegatus'

    IMGP1327.jpg 
 以上2枚は、撮影:2003年11月22日 大阪市「市立長居植物園」

  ヒイラギを描いた切手を探しましたが、これまた見つかりませんでした。

(おしらせです)

 イワダレソウの記事で、属名について不明だと書きましたが、調べてみました。まだよく分からんところもありますが、記事を一部修正しておきました。

 イワダレソウ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-559.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR