FC2ブログ

572.今日の植物(288):ヒトリシズカ

  本日の誕生日の花は、ヒトリシズカという植物です。

 ヒトリシズカは、センリョウ科 Chloranthus 属(チャラン属)の多年草で、北海道から本州、九州、四国の山地に自生しています。
 漢字で書くと「一人静」、この花の華麗さを源義経の恋人静御前になぞらえたものです。
 花の形からマユハケソウとも呼ばれています。

 同じ属に、一人増えてフタリシズカというのもあります。
 こちらは茎の先に複数(通常は2本)の穂状の花をつけます。フタリシズカという名前は能楽の「二人静」から来ているということです。

 Chloranthus 属の写真です。

ヒトリシズカ Chloranthus japonicus

    IMGP6227.jpg      IMGP1552XX.jpg
    撮影:2006年4月8日      撮影:2004年4月18日
いずれも、亀岡市「大本花明山植物園」 

(次の2枚は、2014年3月24日追加分です)

   P1110577.jpg       P1110578.jpg
撮影:2014年3月17日 山陽小野田市「竜王山」 
 ●時期としては少し早かったようで、咲いていたのはこの1株だけでした。

フタリシズカChloranthus serratus

    IMGP1551XX.jpg        IMGP2004XX.jpg
   撮影:2004年4月18日      撮影:2004年5月15日
  亀岡市「大本花明山植物園」  神戸市「六甲高山植物園」

チャラン Chloranthus spicatus

    IMGP2582XX.jpg
  撮影:2004年5月30日 名古屋市「東山植物園」
 ●チャランは漢字で書くと「茶蘭」、葉がチャに似ているからだと聞きました。

 Chloranthus 属を描いた切手は見つけることができませんでした。


(おしらせです)

 というほどのことでもないのですが、面白いサイトを見つけましたのでご紹介します。
  「巨樹・巨木林データベース」 http://www.kyoju.jp/data/index.html

 環境省が定期的に実施している「自然環境保全基礎調査(緑の国勢調査)」の結果をデータベースにしたものです。
 樹木の種類別、幹の太さ(幹周)別、所在地別などで検索ができて、そのデータをエクセルに落として利用できるようになっておりなかなか面白いです。

 早速クスノキについて調べてみました。
  クスノキ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-404.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR