FC2ブログ

574.音楽の植物(25):アブラナ

  音楽の植物第25弾はアブラナで、本日の誕生日の花です。

 登場する音楽は、
  「朧月夜」 http://www.uta-net.com/song/122353/
 です。この曲の中で「ナノハナ」という呼び名で登場します。

 アブラナは、アブラナ科 Brassica 属(アブラナ属)の二年生植物ですから、アブラナ科の本家筋です。
 このBrassica 属には日常的に目にする次のような野菜が属しています。
  キャベツ、ミズナ、カブ、ノザワナ、コマツナ、チンゲンサイ、ハクサイ
 
 漢字で書くと「油菜」、この植物の種子から油を採取したことによります。別名は、ナノハナ、ナタネなどがあります。

 「無駄話をして怠ける」といった意味に使われる「油を売る」という言葉があります。この油はナタネ油(また一説には女性の髪を整える油。ツバキ油?)のことだそうです。
 油屋が油を売る際にお客の容器に油を移し替えます。油には粘度がありますからすぐには容器に移せないので自然と時間がかかる、これを傍から見ていると無駄な時間を費やしてサボっているように見えたことから来たということです。

 油売りが出たところで、戦国の武将斉藤道三を思い出しました。
 彼は、典型的な下剋上大名ですが、元は油売りだったと伝えられています。この油は間違いなくアブラナの油でしょう。彼は、油を売りながら各地を回り、情報を入手していたのだそうです。

 食用の油を採取する植物というのもいろんな種類があるものです。思いつくだけでも、このアブラナ、ダイズヒマワリ、ナッツの類、オリーブ、ヤシ、ワタベニバナなどなど。どれが量的に多いのでしょうか?一度調べてみましょう。

 で、写真です。あんなにいつも目にするのですが、手元には1枚しかありませんでした。それもピンボケです。
 今度撮ってきますので、とりあえずこれでご勘弁を・・・・

アブラナ Brassica rapa  var. oleifera

    Imgp1417.jpg
撮影:2003年4月7日 加古川市加古川畔

切手です。いずれも日本発行です。

アブラナ Brassica rapa  var. oleifera

    stjpn0312.jpg             stjpn15602.jpg
     1990年発行              1980年発行       
 (都道府県の花「千葉県」)       (日本の歌「朧月夜」)  
 ●右が「朧月夜」の歌の切手です。

    stjpn3810.jpg               stjpn5604.jpg
     2006年発行                 2003年発行
(ふるさと切手「九州の花と風景Ⅱ」)  (ふるさと切手「国土緑化・千葉県」)


    stjpn0504.jpg     stjpn7302.jpg 
    1980年発行      1982年発行
(普通切手「1980年シリーズ」)
 ●右はいわゆるコイル切手で、切手の自動販売機で販売されたものです。

    stjpn7405.jpg          stjpn11305.jpg
     2007年発行             2004年発行
(ふるさと切手「東北の景勝地」)   (ふるさと切手「千葉県」)

    stjpn15302.jpg
2011年発行(Pスタンプ「信州安曇野」) 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR