FC2ブログ

578.今日の植物(292):カンボタン

 本日の植物は、カンボタンです。先日、再度公園に登る途中でカンボタンの展示をしているのに出合いましたのでご紹介します。

 カンボタンは漢字で書くと「寒牡丹」、ボタンと同じ、ボタン科 Paeonia 属(ボタン属)の植物です。
 普通のボタンと違うところは、普通のボタンは4~5月に咲くのですが、カンボタンの方は春と秋の2回咲く二期咲きの変種なのです。
 その春に咲く蕾は摘みとり、秋にできる蕾のみを10月下旬から1月にかけて咲かせます。
 
 写真です。

カンボタン Paeonia suffruticosa  'Hiberniflora'
 
●「Hiberniflora」は、「冬咲の花の」という意味です。

     P1040317.jpg     P1040318.jpg    P1040316.jpg
 
    P1040319.jpg     P1040320.jpg     P1040321.jpg
 
    P1040322.jpg     P1040323.jpg
以上いずれも、撮影:2012年1月9日 神戸市中央区「花と緑のまち推進センター」

 切手です。以前、ボタンシャクヤクで取り上げた以外のPaeonia 属の切手を載せます。従って、ひょっとしたらシャクヤクの仲間も混在しているかもしれませんがあしからず。

ペオニア・ロマニカ Paeonia romanica

     strom9903.jpg        strom2701.jpg
      1961年発行         1972年発行
 (ブカレスト植物園100年)
以上2枚は、いずれもルーマニア発行

ペオニア・マスクラ Paeonia mascula

    stcyp0103.jpg        stbul1301.jpg
 1990年 キプロス発行  1989年 ブルガリア発行

ペオニア・ペレグリナ Paeonia peregrina

    stmol0104.jpg        strom2204.jpg
1993年 モルドバ発行     1983年 ルーマニア発行

(左)ペオニア・インタメディア Paeonia intermedia
(右)ペオニア・アノマラ Paeonia anomala

    stussr0502.jpg         stmgl0509.jpg
  1974年 (旧)ソ連発行     1986年 モンゴル発行
         
ペオニア・ロディア Paeonia rhodia

    stgrc0206.jpg
  1978年 ギリシャ発行

ボタン属の一種 Paeonia sp.
  
    stswe0601.jpg    stswe0602.jpg    stswe0605.jpg

    stswe0603.jpg    stswe0604.jpg
以上5枚は、2001年 スェーデン発行

    stsmad0101.jpg    stsmad0102.jpg

    stsmad0103.jpg    stsmad0104.jpg
以上4枚は、2011年 オランダ領シント・マールテン発行
 ●オランダ領シント・マールテンは初登場です。カリブ海のセント・マーチン島にあるオランダの自治領です。
 ●この島の北側はフランス領、南側はオランダ領というややこしい地域で、以前属していたオランダ領アンティールが2010年に解体された結果、シント・マールテンとしてオランダの自治領になったということです。

      stbri0103.jpg         stanb0804.jpg
      バーネラ諸島発行         アンティグア・バーブーダ発行
                                (世界の花)

    stkos0101.jpg                    stbhu0104.jpg
2005年 国連コソボ暫定統治機構発行   1965年 ブータン発行
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR