FC2ブログ

595.外来生物法

 植物の説明に、特定外来植物とか要注意外来植物という言葉が出てくることがあり、一度内容を確認したいと思っていました。
 以下、情報を整理しました。

 「外来生物法」という法律があります。
 外来生物による日本の生態系や人の生命・身体、農林水産業への被害を防止することを目的とした法律です。
 そのために、問題を引き起こす外来生物を特定外来生物に指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入を規制し、特定外来生物を防除しようというものです。
 
 先に出てきた「絶滅危惧種」の反対の概念です。いわば「繁盛危惧種」?

 法律では、対象となる生物を次の2つに区分しています。
 ・特定外来生物=上記の規制の対象とし、必要に応じて国や自治体が防除を行います。
   ニュースにも登場することのあるブルーギルやセアカゴケグモなどがこちらに指定されています。

 ・要注意外来生物=上記のような被害が懸念されるもので、特定外来生物指定を視野にいれて指定されています。

 植物についてみると、これまでこの「ぶつぶつ植物図鑑」に登場した次のような植物が含まれています。
 ・特定外来生物(合計12種)
  オオキンケイギクオオハンゴンソウ
  この2種は、いずれも日本の在来種を圧迫していることによるようです。

 ・要注意外来生物(合計48種)
  ホテイアオイナガバオモダカチョウセンアサガオ属ムラサキカタバミノハカタカラクサ外来タンポポ種群イチビメマツヨイグサコマツヨイグサカミツレモドキハリエニシダランタナキバナシュクシャカエンボク
 これらの植物が指定されたのは、在来の日本の生態系を害したり、毒草であったり、繁茂して農林業の妨げになったり、あるいは乳牛のえさになって乳に悪臭を生じたり、絶滅危惧種と近縁で雑種を作ったり、と様々な害を及ぼすことによります。
 
 マツヨイグサやランタナなど見た目にはきれいな植物も含まれていますからややこしいですが、確かにいかにも繁殖力の強そうな植物ばかりです。

(おしらせです)

 花粉症に効くとしてサプリメントに広く使われているセイヨウフキという植物がありますが、このセイヨウフキが人体に有害な物質を含むとして使用を自粛するよう厚生労働省から指示が出されました。以下をご参照ください。
 フキ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-622.html
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR