FC2ブログ

604.癒しの植物(23):イランイランノキ

 癒しの植物の第23弾は、イランイランノキという妙な名前の植物です。

 イランイランノキは、バンレイシ科 Cananga属(カナンガ属)の高木で、この花から香り高い精油を採ることができます。
 妙な名前の「イランイラン」は日本語ではなく、タガログ語で「花の中の花」という意味だそうです。

 ウイキペディアによると、このイランイランの香は、「深く濃厚なゴムとカスタードを基調とし、ジャスミンとネロリが軽く重なった香りと感じられることが多い」のだそうですが、読んでいてもいま一つ分かりませんでした。実物を嗅いでみるのが一番でしょう。
 いずれにしても、ブレンドされて多くの香水に含まれているようです。また、アロマセラピーにも利用されているようです。

 写真です。

イランイランノキ Cananga odorata
 ●種小名の「odorata」は「芳香がある」という意味です。

    IMGP0907.jpg         IMGP2671X.jpg
     撮影:2003年11月8日       撮影:2004年2月1日
  神戸市「市立須磨離宮公園」  富田林市「富田林サバーファーム」
 ●いずれも花の写真がありませんでした。

    Ylang_Cananga_odorata[1]
 ●で、やむを得ずウイキペディアにお世話になっております。   

以下、2012年5月4日追加分です。

 と、いいましたが、イランイランノキの仲間の写真を見つけましたので掲載します。

チャボイランイランノキ Cananga odorata var. fruticosa

    P1010217.jpg
撮影:2010年8月28日 大阪市「咲くやこのはな館」 

(以上追加分です)

 その香りを確かめてみようと、東急ハンズで香を買って来て焚いてみました。

     P1040936a.jpg    P1040937.jpg 
 ●香は左の形で売られていました。線香の形態です。「YLANG」と表記してありますが、これがイランイランのことです。
 ●右が焚いているところです。専用の器具があるようですが、手元になかったもので、サツマイモの端に差して火をつけました。(色気がないですなあ・・・でも、うまく最後まで燃えました)
 ●肝心の香りですが、上のような表現が当たっているのかどうかよく分かりませんが、「妖艶な麗人」とでもいった大人の香りでした。 
 以上、ご報告です。

 切手です。人気のある植物のようです。

イランイランノキ Cananga odorata

    stcomr0212.jpg         stmly0901.jpg
1977年 (旧)コモロ共和国発行    2001年 マレーシア発行
      (不足税切手)             (希少植物Ⅰ)

     stmay0102.jpg         stphi0719.jpg
    1997年 仏領マヨット発行    1991年 フィリピン発行

    strim0103.jpg     strim0104.jpg
この2枚は、1967年 (旧)スペイン領リオ・ムニ発行(児童福祉)

イランイランノキ Canangium odoratum(=Cananga odorata)

     stsmo0504.jpg
1969年 西サモア発行(独立7周年)

チャボイランイランノキ Cananga odorata var. fruticosa

    sttha0203.jpg
 1995年 タイ発行(新年)

(おしらせです)

 日曜日、2012年3月4日にスキャナーを入れ替えました。購入したのはキャノンのLIDE210という機種です。
 先代(初代)のスキャナー(Canoscan8200F)の発色が悪く、白色が藤色がかって出るようになっていました。光源が劣化したのでしょう。
 なんせ、先代を購入したのが2004年2月24日ですから、ちょうど8年使用したことになります。主として切手の画像を得るために使用してきましたが、よく頑張ってくれました。

 今回購入して気付いたことですが、スキャナーの単独機というのはほとんど店頭にありませんでした。このキャノンの製品もカタログを見ると「新製品」と表示されているのですが、そのカタログの日付が2010年。ということは、それ以降単独機は発売されていないということになります。
 店頭のスキャナーのほとんどがコピーやファックスとの複合機になっていて、単独機の場合も光源が固定されて、紙を通過させてスキャンする方式が主体でした。切手をスキャンする場合、この方式は使えませんので、選択肢はこのキャノン製品とエプソンのもう1機種のみというものでした。

 もっとも先代に比較して、本体はコンパクトになっていて価格も半分程度と、その点は満足いくものでした。
 ということで、二代目は快適に動いております。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR