FC2ブログ

610.今日の植物(313):イカリソウ

 本日の誕生日の花は、イカリソウという植物です。

 イカリソウは、メギ科 Epimedium属(イカリソウ属)の落葉多年草で、日本では東北地方南部から南の森林に自生しています。また園芸用や薬用としても栽培されています。 
 メギ科ですから、ナンテンと同じ科ということになります。

 漢字で書くと「碇草(もしくは錨草)」。花弁が4片突き出している形が独特で、これを錨に見立てたものです。

 今回初めて知ったのですが、イカリソウは全草が淫羊霍(いんようかく)という名前の生薬として利用されていて、精力剤として有名なのだそうです。なんでも、羊がこの草を食べて精力絶倫になったのを見て利用され始めたということです。
 といっても、そこのおとうさん、この葉をちぎって食べないように・・・・下痢しますぞ。

 写真です。

トキワイカリソウ Epimedium sempervirens
 ●種小名の「sempervirens」も「常緑=常盤」という意味です。

    
IMGP0500XX.jpg      IMGP2039.jpg
    撮影:2004年3月27日      撮影:2003年6月5日
    京都市「府立植物園」       京都市「平安神宮」

バイカイカリソウ Epimedium diphyllum

    IMGP1586XX.jpg      IMGP1997XX.jpg
   撮影:2004年4月18日      撮影:2004年5月15日
 亀岡市「大本花明山植物園」  神戸市「六甲山高山植物園」

イカリソウ属の一種 Epimedium sp. 

      IMGP1521XX.jpg      IMGP1554XX.jpg 
以上2枚は、撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」

      IMGP6247.jpg       IMGP1318.jpg
    撮影:2006年4月8日      撮影:2003年11月16日
  亀岡市「大本花明山植物園」    京都市「府立植物園」

 ●この「大本花明山植物園」は小規模な植物園なのですが、イカリソウを始め春の植物観察にはお勧めのスポットです。

 切手を探したのですが、見つかりませんでした。個性的な花なのですが、残念です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR