FC2ブログ

614.山奥植物園の植物(21):エンドウ

 山奥植物園の植物は、本日の誕生日の花でもあるエンドウです。

 エンドウは、マメ科 Pisum属(エンドウ属)の1,2年草で、原産地は近東地方だそうです。元々は雑草だったようですが、根粒バクテリアが土壌の肥沃化に効果があることが体験的に知られ、ムギと一緒に栽培されるようになったようです。
 その後食用に供されるようになり、中国にも伝わり、日本には9~10世紀に渡来したようです。

 エンドウを大別すると、莢の固いものと柔らかいものに分けられ、固いものは実を乾燥した後に利用しするもので花の色は紅色が多いそうです。
 一方、莢が柔らかいものはサヤエンドウとして莢ごと食べたり、乾燥する前の実をグリーンピースとして使用したりし、こちらの花の色は白色が多いということです。

 遺伝学者のメンデルがこの豆を使って遺伝の実験をしたことでも知られる植物です。

 Pisum属の写真です。

エンドウ Pisum sativum

    IMGP1627.jpg
撮影:2003年5月11日 『山奥植物園』

サヤエンドウ Pisum sativum var. macrocarpum

    IMGP2079.jpg
撮影:2003年6月7日 三田市志手原地区

 切手です。

エンドウ Pisum sativum 

     stussr3704.jpg     stussr3104.jpg
1964年 (旧)ソ連発行
 ●このシリーズは、目打ちのあるものとないものとが発行されています。

    stbul3101.jpg
  1995年 ブルガリア発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR