FC2ブログ

057.今日の植物(8):キク

 9月9日(旧暦のですが)は、重陽の節句と呼ばれキクの日です。ほかに、3月3日は桃、5月5日が菖蒲の節句ですね。中国では奇数が幸運の数字として貴ばれていて、特に9はその最大のものですから、それが重なった日は非常に大事な日となるわけです。

 キクは、キク科 Chrysantemum属(キク属)の植物です。キク科は、植物がもっとも進化した姿だと言われていて、世界には約950属、2万種を数える種がある大きな科です。我々がよく知っている、アザミエーデルワイスコスモスダリアタンポポヒマワリフキヨモギなどみんなキク科なのです。

 「六日の菖蒲、十日の菊」ということわざがあります。どちらも節句に一日遅れていますので、ちょっと遅れただけで全く役にたたなくなるという例えです。 こんなに言われてはいけませんね。 
 
 しょうもないことを思い出しましたが、むかし日本酒の「菊正宗」を飲んで決まって言ったのが、「効くーッ、正宗だなーッ」
 もうひとつ思い出しました。中華料理でキクが添えてある料理には蛇の肉が使われているのだそうです。(信憑性は不明です)
 
(以下は、9月21日に追加したものです)

 百人一首の植物(3):キク  百人一首にキクも登場していました。
 29.「心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花」 (凡河内躬恒)
 (あてずっぽうに折れれば折ってみようか、初霜が真っ白におりてどこにあるのか見わけがつかない白菊の花です)
 あんまり、面白い歌だとは思いませんね。他に別の意味が隠されているのでしょうか?

(以上追加分)
 
 
 キクに関係する文学作品としては、江戸時代に上田秋成が著した「雨月物語」の中の「菊花の契」を思い出します。記憶をたどりますと、
 互いに契りあった二人は、この重陽の節句の日に再び会おうと約束します。ところが、一方は異変に巻き込まれ捕えられてその約束を果たすことができなくなります。そこで彼は自ら命を絶ち幽霊となって、相手の元に参じて約束を果たす、というようなストーリーでした。このような堅い契りを描いた作品なのですが、興味深いところはその二人が男だという点です。男の約束を果たすことの重要性を説いたのか、あるいは男同志の愛(キクが象徴している?)について語ったのか・・・・よく分からないところです。

 まあ、それはおいておくとして、キクは、皇室の紋がキクであるように日本を象徴する植物の一つです。

 キクを整理してアップする方法を考えました。まず、古来その形態による分類がなされていますのでそれに従って整理します。ついで、日本では各地でその地方独自の品種改良がなされてきましたので、その品種、例えば肥後菊、嵯峨菊、伊勢菊などによって整理します。
 で、今回は形態による分類でご紹介します。

キク Chrysanthemum morifolium C. grandiflorumとするものもあります)

厚物咲

    54IMGP0641_convert_20100908203756.jpg      54IMGP0660_convert_20100908204048.jpg
       品名「金山」            品名「越山」

管物咲
    54IMGP0610_convert_20100908203518.jpg     54IMGP0615_convert_20100908203609.jpg
       品名「秋峰」            品名「由来」

大掴咲

    54IMGP0656_convert_20100908203845.jpg    54IMGP0622_convert_20100908203656.jpg
       品名「越の光」           品名「粋」

懸崖

    54Imgp0741_convert_20100908204125.jpg 
   撮影:2002年10月26日
       三重県関町

スプレー菊

    54IMGP0593_convert_20100908203309.jpg     54IMGP0597_convert_20100908203438.jpg 

(「懸崖」以外は、撮影:2003年10月29日 加西市「県立フラワーセンター」) 

(以下、2011年11月30日追加分です)

 家紋の植物、キクです。

    600px-Imperial_Seal_of_Japan.svg[1]      200px-16ura_kiku.svg[1] 
   ●左は「十六弁八重表菊」と呼ばれる家紋です。皇室の紋です。
  右は「十六裏菊」と呼ばれる紋で、裏から見たキクの花を描いています。家紋にこの「裏」タイプが結構多いのです。 


切手です。まず、日本で発行されたキクの切手をご紹介します。

キク Chrysanthemum morifolium

    stjpn0111.jpg      stjpn5103.jpg
  1961年(花シリーズ)  2007年(民営会社発足)

     stjpn5205.jpgstjpn5206.jpg       stjpn4502.jpg
    2007年(ふるさと切手「名古屋港」)  2006年(ふるさと切手「愛知の自然」)

    stjpn0703.jpg        stjpn1404.jpg
   1993年(四季の花)   2001年(ふるさと切手「東京都」) 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR