FC2ブログ

666.今日の植物(259):ケストルム

 本日の植物は、属名Cからケストルムという植物です。
 
 ケストルムは、ナス科 Cestrum属(ケストルム属またはキチョウジ属)の植物で、多くはメキシコから中米辺りが原産地の植物です。ナス科とは思えない姿ですが、種により黄色や赤紫色の花を咲かせます。

 キチョウジという名前は、花の形がチョウジノキに似ているところから来ているのでしょうか?あるいは、香り?

 ネットにケストルムの育て方という記事が見受けられますので、園芸品種として育てられているのもあるようです。

 Cestrum属の写真です。

(左)ヤコウボク Cestrum nocturnum
(右)  キチョウジ Cestrum aurantiacum   

    IMGP2523X.jpg       IMGP2515XX.jpg
   撮影:2004年1月24日      撮影:2004年5月29日 
  宇治市「宇治市植物公園」   加西市「県立フラワーセンター」
 ●ヤコウボクの方は花がありませんが、後の切手でご覧下さい。
 
    
アツバヤコウボク Cestrum parqui
 
    IMGP3823.jpg
撮影:2004年9月23日 京都府精華町「京都フラワーセンター」
 ●夜になると芳香を発するということです。


(次の写真2枚は、2014年10月7日追加分です)

ケストルム・エレガンス Cestrum elegans 

    P1140416.jpg     P1140417.jpg
撮影:2014年10月6日 『山奥植物園』(宇内地区)
 ●この種は、和名ではベニバナヤコウカとかベニチョウジと呼ばれています。

 Cestrum属を描いた切手です

ヤコウボク Cestrum nocturnum

    
stmon0304.jpg         stgre0901.jpg
 1976年 モンセラト発行    1984年 グレナダ発行
      (夜の花)

(おしらせです)
 
 ゴールデンウイークの後半で『山奥植物園』の実家に帰ってきました。5月5日に周辺を車で走り写真を撮ってきましたので、以下追加しました。
 
 「南原寺」(なんばらじ):聖徳太子が建立された古いお寺で、「花の寺」とも呼ばれています。以下の植物のほかに春のサクラ、秋のカエデなど四季を通じて美しい花を楽しめます。
  スダジイ   http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-235.html
  シャクナゲ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-718.html
  セッコク   http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-287.html

 カキツバタ(二反田の溜池) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-305.html
 クスノキ(川棚のクスの森) http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-404.html


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR