FC2ブログ

679.今日の植物(271):オステオスペルマム

 園芸カレンダーの一昨日の植物は、オステオスペルマムという長い名前の植物でしたが、二日遅れて取り上げます。

 オステオスペルマムは、キク科 Osteospermum 属(オステオスペルマム属)の植物の総称で、半耐寒性の宿根草です。原産地はアフリカ南部から熱帯アフリカの地域だということです。

 全世界で数百種の品種が登録されているそうですが、そのほとんどは育種されたものだそうです。多彩な花の色があって、人気が出始めているといったところでしょうか。

 Osteospermum 属の写真です。

オステオスペルマム「はるかシンフォニー」 Osteospermum cv.

    P1050132.jpg 
撮影:2012年3月20日 西宮市「北山緑化植物園」
 ●このシンフォニーシリーズは世界的な育種家である関口氏が育種したものだということです。

オステオスペルマム「アスティーホワイト」 Osteospermum cv. 

    P1050671.jpg
撮影:2012年5月18日 京都市「府立植物園」
 ●つけられていた説明によりますと、この品種は「全米草花新品種審査協会」の2008年度の金賞を受賞した品種だということです。この金賞を受賞した品種(の種子)を受け取って栽培できる植物園の要件が厳しくて、アジアではこの府立植物園が唯一認定されているのだそうです。
 植物園の北門から入ってすぐ右手の花壇で咲いていました。

(左)オステオスペルマム「ワーリギグピンク」 Osteospermum 'Whirligig Pink'.
(右)オステオスペルマム・バルベリエ Osteospermum barberiae

    800px-Daisy1web[1]     735px-R10_kamera_086be[1]
この2枚は、英語版ウイキペディアからの借用です。

 Osteospermum 属を描いた切手です。

オステオスペルマム「ワーリギグピンク」 Osteospermum 'Whirligig Pink'.

    stmld0105.jpg
    2002年 モルディブ発行

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【679.今日の植物(271):オステオスペルマム】

 園芸カレンダーの一昨日の植物は、オステオスペルマムという長い名前の植物でしたが、二日遅れて取り上げます。  オステオスペルマムは、キク科 Osteospermum 属(オステオスペルマム属)の植物の総称で、半耐寒性の宿根草です。原産地はアフリカ南部から熱帯アフリカ...

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR