FC2ブログ

684.今日の植物(276):ワサビ

 本日の誕生日の花にワサビがあります。

 ワサビは、アブラナ科 Wasabia属(ワサビ属)の日本固有植物です。
 独特の辛味があって、刺身には欠かすことのできない薬味です。

 このワサビの辛味は酸素と触れなければ出てこないらしく、きめ細かにすり下ろすためにサメの皮を使ったおろし器がよいとされ、一方金気を嫌うので金属のおろし金は良くないなどと言われてきました。
 また、醤油に含まれる成分がワサビの辛味を消してしまうので、刺身などを食べる場合には刺身にワサビをちょいと乗せてそれから醤油を軽くつけるのがよい・・・・などと講釈の種になってきました。それだけ身近なものなのでしょう。

 西洋にもワサビににたホースラディッシュ(Armoracia rusticana)という辛味植物があります。セイヨウワサビとも呼ばれていて、市販されている練りワサビなどにはこの洋種のワサビに緑の色を付けたものもあるようです。

 ワサビは刺身に添える以外に、粕漬けにする、葉を醤油漬けにするなど他にもその風味を楽しむ方法があります。

 そのワサビの葉の醤油漬けで失敗がありました。
 JRの武生駅前に旨いそば屋があります。そばの前に日本酒を飲むのですが、その突き出しの一つにこのワサビの葉の醤油漬けがありました。これが辛味が効いていて旨いのです。さすが地元の味だと、仲間の間では人気のつまみだったのです。
 それで、店の人に言ってその醤油漬けを袋に詰めたもの(業務用だったのでしょう)を分けてもらいました。結構高かった記憶がありますが、自宅に帰ってこれをつまみに一杯飲もうと出して見てみたら製造場所はなんと大阪ではありませんか。
 これはがっくり、「名物は」現地で何も知らずに「旨いうまい」と言いながら食すのが一番です。

 で、ワサビの写真です。

ワサビ Wasabia japonica

    
IMGP2188XX.jpg   
   撮影:2004年5月15日

   P1020168.jpg     P1020296.jpg
   撮影:2011年3月26日     撮影:2011年4月17日

   P1020432.jpg 
   撮影:2011年4月23日
以上4枚は、いずれも神戸市「六甲高山植物園」

   IMGP6218.jpg
撮影:2006年4月8日 亀岡市「大本花明山植物園」

 ワサビを描いた切手を探したのですが、手元にはありませんでした。長野県のPスタンプ辺りで発行されているかもしれません。探してみましょう。

(以下、2012年5月31日追加分です)

 ワサビを描いた切手がありましたので入手しました。

ワサビ Wasabia japonica

    stjpn18902.jpg     stjpn18907.jpg
     わさび田の新緑         わさび
以上2枚は、2009年 日本発行(Pスタンプ「伊豆の春」)
 ●確かにワサビを描いていますが、印刷もお粗末と言わざるを得ませんね、凸版印刷さん(社名が表記してあるのです)。
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【684.今日の植物(276):ワサビ】

 本日の誕生日の花にワサビがあります。  ワサビは、アブラナ科 Wasabia属(ワサビ属)の日本固有植物です。  独特の辛味があって、刺身には欠かすことのできない薬味です。  このワサビの辛味は酸素と触れなければ出てこないらしく、きめ細かにすり下ろすためにサメ...

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR