FC2ブログ

696.危ない植物(10):ドリアン

 本日の植物は、危ない植物第10弾、ドリアンです。

 ドリアンは、パンヤ科 Durio属(ドリアン属)の常緑の高木です。原産地はマレー半島で、属としては約30種を含むようです。

 ドリアンは、果実に豊富なビタミン類(特にビタミンB1)を含んでいて、甘みが強く「果物の王様」と称されています。実は、食べたことがないのですが、実際に食べたことのある人から聞くと確かにおいしいのだそうです。

 この植物の問題は、おいしいのは良いのですが、香り(匂い)が強烈というところです。この匂いは多くの成分から来るようですが、硫黄の化合物まで入っているそうですからその匂いは想像できます。
 従って、現地では飛行機への持ち込みが禁止され、ホテルや公共施設への持ち込みも禁止される場合もあるというような悪役になっています。

 また、アルコールと一緒に摂取すると場合によれば死に至る、と言われたこともあるようですが、これには科学的な根拠がないようです。いずれにしても、食べすぎないこと、あちこち持ち歩かないことですなあ。

 写真です。これまた英語版ウイキペディアから借りてきました。最近ウイキペディアさんにはお世話になっております。

ドリアン Durio zibethinus

    401px-Durian_flower[1]    Durio_kutej_F_070203_ime[1]

 切手です。

ドリアン Durio zibethinus

    
stvtn2301.jpg       stsin0702.jpg
    2008年 ベトナム発行     2008年 シンガポール発行
 ●この2枚は、両国から「共同発行」の形で発行されたものです。

    stmly9901.jpg       stmly1302.jpg
    1979年 マレーシア発行    1986年 マレーシア発行
 

    stmly0604.jpg
     マレーシア発行

    stlaor0304.jpg           stvtn1307.jpg
      1989年 ラオス発行   1975年 (旧)ベトナム民主共和国発行
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【696.危ない植物(10):ドリアン】

 本日の植物は、危ない植物第10弾、ドリアンです。  ドリアンは、パンヤ科 Durio属(ドリアン属)の常緑の高木です。原産地はマレー半島で、属としては約30種を含むようです。  ドリアンは、果実に豊富なビタミン類(特にビタミンB1)を含んでいて、甘みが強く?...

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR