FC2ブログ

058.続いてキクです:ヒゴギク

  前回はキクを形で分類しましたが、今日は各地で育てられた固有の品種でご紹介します。

 まず、「肥後菊」です。熊本の城下町で大事に造られたキクで、気品のある姿を持ち、一番好きなキクです。
 肥後藩は、武士の嗜みとして園芸を奨励したようで、その結果、「肥後六花」と呼ばれるこの地方特有の品種を作り出しました。肥後六花は、肥後椿、肥後芍薬、肥後菖蒲、肥後朝顔、肥後菊、肥後山茶花をいい、キクはそのうちの一つです。

 肥後菊の特徴は、スッと伸びた細い花弁にあります。花弁は、平らなものと菅状のものとがありますが、いずれにしてもきりりとした風情があります。

ヒゴギク  

     55IMGP1339_convert_20100910232934.jpg    55IMGP1340_convert_20100910233018.jpg
    
     
    55IMGP1341_convert_20100910233053.jpg    55IMGP1342_convert_20100910233134.jpg

(以上4枚は、 撮影:2003年11月22日 大阪市「長居植物園」)
 
     55IMGP0749_convert_20100910232844.jpg
    撮影:2003年11月1日
   京都市「府立植物園」

海外で発行されたキクの切手です。

キク  Chrysanthemum morifolium C. grandiflorumとするものもあります)

    stussr3204.jpg          stsie0713.jpg
  1962年 (旧)ソ連発行   1991年 シエラレオネ発行
(ニキトスキー植物園150年) (世界の植物園「京都植物園」)
    
      stcze1703.jpg           stpol0102.jpg
1973年 (旧)チェコスロバキア発行  1966年 ポーランド発行

      stusa0302.jpg             istmacp0201.jpg
   1995年 アメリカ発行   1953年  (旧)ポルトガル領マカオ発行
    (庭園の花「秋」)
 
    stjah0102.jpg
   1983年 リビア発行

 ●(旧)ソ連の切手は、4種セットのうちの1枚です。
 ●(旧)チェコスロバキアの切手は、6種セットのうちの1枚です。大きな切手です。
 ●ポーランドの切手は、以前のノウゼンハレンの切手と同じセットに入っています。 
 ●アメリカ発行の切手は、5種セットのうちの1枚です。ほかに、春、冬のシリーズが発行されました。
 ●リビアの切手も以前のノウゼンハレンと同じセットに入っています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR