FC2ブログ

084.各地の菊(5):オナエギク、エドギク

 しばらく間があきましたが、地方で育成されたキクシリーズの最後は、「お苗菊」と「江戸菊」です。

 「お苗菊」は、篠山地区で古くから育てられてきた菊です。藩主の青山忠良公が時の将軍から拝領した菊がオリジナルになっているとのことです。

オナエギク

    59IMGP0587_convert_20100912071858.jpg     59IMGP0588_convert_20100912072125.jpg

    59IMGP0589_convert_20100912072220.jpg     59IMGP0635_convert_20100912072256.jpg  
   (いずれも、撮影:2003年10月29日 加西市「県立フラワーセンター」)

 ついで、最後になりましたが、「江戸菊」です。
 解説によると、東京で発達した中輪のキクで、花弁が一度平らに開いた後に立ち上がり、ねじれたり、折れ曲がったりと様々な変化を見せるところが見どころだということです。

エドギク

    59IMGP1333_convert_20100912072404.jpg     59IMGP1334_convert_20100912072447.jpg  

    59IMGP1335_convert_20100912072520.jpg
   (いずれも、撮影:2003年11月22日 大阪市「市立長居植物園」)

海外で発行されたキクの切手です。

ハナワギク Chrysanthemum carinatum

    stgyn0308.jpg     stddr0205.jpg
 1997年 ガイアナ発行 1982年 (旧)東ドイツ発行
    (カリブの花)

シマカンギク Chrysanthemum indicum

    strom9916.jpg       stalb0502.jpg
1964年 ルーマニア発行   1967年 アルバニア発行

 ●シマカンギクは「島寒菊」と書くようです。冬になっても咲くところからそのような名前になっています。

スプレーギク Chrysanthemum sp.

    stgue0419.jpg 
  1993年 英領ガーンジー発行

 ●ガイアナの切手は、8種セット(多分)のうちの1枚です。
 ●(旧)東ドイツの切手は、これまでも出てきたシリーズのうちの1枚です。
 ●ルーマニアの切手は、8種セットのうちの1枚です。手元には4種のみあります。
 ●アルバニアの切手は、8種セットのうちの1枚です。
 ●ガーンジーの切手は、24種がセットという大きなセットのうちの1枚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR